FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

▲5七金型を巡る攻防

 B級2組8回戦の福崎-中田宏戦より。福崎九段の珍しい四間飛車に対して中田七段は5三銀左急戦の構えを見せて第1図、定跡形だがここで福崎流の一手が出る。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5七金 △9四歩 ▲3六歩 △7六歩
 ▲同 銀 △7二飛 ▲6五歩 △7七角成
 ▲同 飛 △5三銀 ▲6七銀 (第2図)

 ▲5七金と金を上がる手は『四間飛車の急所2』P258に先後逆の形で掲載されている一手。後手は△9四歩と手待ちをし、▲3六歩を突かせてから△7六歩▲同銀△7二飛を敢行する。『四間飛車の急所2』ではここで▲8八角△6五銀▲7五銀で振り飛車充分となっているが、本譜は▲6五歩を選択して第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
       △8二飛 ▲4五歩 △8六歩
 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛
 ▲3七角 △7三歩 ▲7四歩 △8八歩
 ▲7三歩成△同 桂 ▲7四歩 (第3図)

 後手は△8二飛と交換を避けた。以下8筋を交換する間に先手は▲4五歩~▲3七角と攻撃態勢を整える。△7三歩の受けに▲7四歩が厳しいようだが、後手は△8八歩とあくまで攻め合いを目指す。▲7三歩成△同桂▲7四歩で先手の攻めが決まったようだが…。
第3図  第3図以下の指し手
       △7二歩 ▲7三歩成△同 歩
 ▲5五歩 △8九歩成▲5四歩 △同 銀
 ▲7四歩 △6八角 ▲7三歩成△7七角成
 ▲8二と △2五桂 (第4図)

 △7二歩と受けて桂損になるも先手に早い手はなく、また△8九歩成で駒損そのものも取り返せる。先手は▲5五歩~▲5四歩と取り込んで一歩を入手し、▲7四歩とあくまでここを狙う。後手も今度こそ受ける手はなく、△6八角は当然の一手であろう。
第4図 以下お互いに飛車を取り合って第4図。△2五桂はもし▲2六角や▲4八角ならば△5五馬でと金を抜いてしまおうという魂胆か。
 本譜は角を逃げずに▲7二とだったものの、△3七桂成▲同桂に△5三銀と逃げておいて駒得が大きく後手が有利だろうか。しかし実戦は先手を指し切りにする手を逃して後手が攻め急いだため形勢は逆転、福崎九段が勝利を飾る結果となった。

 定跡形からそのまま進まず力勝負の将棋となり、個人的には大いに勉強になった一局。

加藤一二三九段、棒銀を封印して快勝

 12月16日に行なわれたB級2組8回戦を今回から見て行きたい。まずは加藤一-脇戦より。居飛車党の脇八段だが本局は四間飛車を採用、おそらく相手の棒銀を決め打ちしての作戦と思われるが、先手は棒銀を使わず▲5七銀型~▲3八飛と、まるで対中飛車の急戦のような構えを見せて第1図。ここから先手が仕掛ける。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 飛 △4三銀
 ▲3四歩 △2二角 ▲1五歩 △同 歩
 ▲2四歩 △同 歩 ▲1五香 (第2図)

 △4三銀に▲3四歩△2二角を決めるのはよくある指し方。そこで▲2四歩△同歩▲9五歩以下一歩を入手して▲2三歩と打つ手順が『これが最前線だ!』P35や『新手年鑑Ⅱ』P59に載っているが、本譜は△1二香型のため成立しない。そこで1筋を絡めて攻める。第2図の▲1五香までで、『四間飛車の急所1』P113のE図と同一局面となった。
第2図
  第2図以下の指し手
       △1四歩 ▲2三歩 △1一角
 ▲1四香 △同 香 ▲1五歩 △3二飛
 ▲1四歩 △3四銀 ▲3八飛 △2五香
 ▲1三歩成△同 桂 ▲1八飛 (第3図)

『四間飛車の急所1』P113では△1三歩▲2五歩以下いい勝負と述べられているが、本譜の後手は△1四歩を選択。▲2三歩△1一角を決めてから▲1四香~▲1五歩で香車を取り返しに行く。その間に後手も△3二飛~△3四銀と反撃、以下数手進み局面は第3図を迎える。
第3図
  第3図以下の指し手
       △1二歩 ▲1四香 △2七香成
 ▲1五飛 △4三銀 ▲1三香成△同 歩
 ▲同飛成 △1四歩 ▲2四竜 △3八飛成
 ▲2二歩成(第4図)

 ここでは△1四歩が優ったのではないか。単に△1二歩だったため露骨に▲1四香と打たれて一筋突破を防ぐことが出来ない。このような展開になると1一の角が負担となってしまっている。△4三銀から後手も飛車成りを図るが、▲1三飛成△1二歩に▲2四竜が味の良い一手だ。
第4図
 ▲2二歩成を見せつつ2七の成香に当てたもので、控室の形勢判断もここでは先手優勢とのこと。後手は△3八飛成と開き直ったものの、▲2二歩成と角を殺して大きな駒得を果たした先手が悪かろうはずがない。以下二十手ほどで先手の快勝となり、加藤九段は三勝目を上げた。対する脇八段は未だに初日が出ない。

 棒銀一筋の加藤一二三九段であったが、この将棋では▲3八飛型からの工夫した仕掛けが功を奏した形となった。実戦で現れやすい局面・手順だけに、大変参考になった一局。

後手右銀急戦の攻防

 12月13日に行なわれたC級2組順位戦第8回戦より何局か見て行きたい。まずは中村亮-大平戦より。先手の四間飛車に対して後手の大平四段は右銀急戦を仕掛けて第1図、当ブログでの研究でも取り上げた定跡形である。図の▲8三角は最前線の一手で、ここで△7三飛と逃げるのが『新・振り飛車党宣言!1』では最善と述べられており、事実JT将棋日本シリーズの藤井-丸山戦でも丸山九段はそう指しているが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △8二飛 ▲6一角成△6六銀
 ▲7八飛 △7七歩 ▲6八角 △3三角
 ▲6四歩 △同 歩 ▲4五歩 (第2図)

 △8二飛と逃げ、以下▲7八飛までは『新・振り飛車党宣言!1』P98~に掲載されている佐々木-行方戦(2004年3月01日・王座戦)と同一の進行である。本譜は△7七歩▲6八飛を決めて△3三角と進み前例を離れた。4四に角を打たないのは▲4五歩の突き出しを警戒したものか。事実先手は▲6四歩△同歩と突き捨ててから▲4五歩と突き第2図となる。
第2図
  第2図以下の指し手
       △7八歩成▲同 飛 △8六歩
 ▲6八飛 △8四飛 ▲6三歩 △5一金寄
 ▲7一馬 △8七歩成(第3図)

 一度打った歩を△7八歩成と成り捨て、▲同飛と近づけて△8六歩と8筋突破を図る。実戦は▲6八飛と戻したが、『新・振り飛車党宣言!1』P15のようにここでは▲6七銀が優ったのではないか。△8四飛と浮いて▲8三歩と止められる手を未然に消し、▲6三歩に△5一金寄▲7一馬と受けてから△8七歩成が実現した。
第3図
  第3図以下の指し手
 ▲4四歩 △5五銀 ▲6二歩成△同金上
 ▲4三歩成△同 玉 ▲7五銀 △8五飛
 ▲6四銀 △7八と ▲4四歩 △同 銀
 (第4図)

 ▲4四歩は急所を突き出しつつ角筋を止めて銀取りになっている。後手は△5五銀と避わし、以下△4三同玉までで形は乱されたものの先手に意外と有効打がない。名人戦棋譜速報では第4図で先手は「熟慮をしている」とあったが、中村四段もここで非勢を感じ取ったのではないか。
第4図
  第4図以下の指し手
 ▲7八飛 △8九飛成▲6三歩 △7八竜
 ▲6二歩成△7一竜 ▲同 と △4六角
 (第5図)

 第4図で▲6六飛と浮くのは△6三歩と受けられて先手切れ模様か。▲6二馬△同金▲6三銀成と暴れてもそこで△6五歩がある。本譜は▲7八飛と手を戻し、△8九飛成に▲6三歩だが、以下後手に自然に応対されて△4六角が痛打となった。
第5図 △3六桂を打たれてはまずいので▲4七金と受けたものの、△6四角と銀を取られて角桂損となってしまった。以下攻め合いを制して後手の勝ちとなり、大平四段は三連敗後の四連勝で白星が先行する形に。一方の中村亮四段も四勝三敗となった。

 右銀急戦の最新形の攻防ということで注目の一局だったが、第2図以下△7八歩成▲同飛△8六歩に▲6七銀の可否がやはり筆者としては気になる。大平の本音にも「途中は不利だったように思います」とあるが、このあたりの局面を指しての言及ではないだろうか。

瀬川プロの初陣、その相手は

 プロ編入試験六番勝負で三勝二敗の成績を残し、見事プロ入りが決定した瀬川新四段。その記念すべき初戦は竜王戦ランキング戦六組と決まり、明後日の12月12日に行なわれる。対戦相手は奇しくもNEC将棋部時代の同僚、清水上アマ竜王に決まった。そこで今回は清水上アマの将棋を見て行きたい。
 第1図はアマ竜王戦決勝の対局である。急戦模様の居飛車に対して後手は△4一金型を採用、ここから▲4六銀と上がるのは△3二金で先手の攻めはストップすると『四間飛車の急所4』P83には記されているが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4六銀 △3二金 ▲3五歩 △4五歩
 ▲3三角成△同 桂 ▲5七銀 △4四角
 ▲6六歩 △3五角 (第2図)

 ▲4六銀△3二金に先手は▲3五歩と仕掛けるが、そこで△4五歩と突き返すのが反撃の常套手段。▲3三角成△同桂に▲3四歩は△4六歩で後手良し。▲5七銀と引くようでは急戦成功とはとても言い難い。
 そこで△3五歩では▲5三角と打たれてしまうため、△4四角が好手となる。
第2図 ▲6六歩の受けに△3五角と歩を払って第2図。後手だけ角を手放したものの、歩得でかつ先手の攻め足を止めることに成功した振り飛車が充分の形と言える。なおこの手順の詳しい変化は『四間飛車の急所4』P29~33を参照して頂きたい。

 以下局面は進んで第3図。6四の地点で金銀交換が行なわれたところである。後手の△5一金型は一風変わっているが、なるほどこの局面になってみると先手の▲4二角を消している効果がある。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲6五歩 △7三銀引▲6六角 △4二金
 ▲5七角 △2一飛 ▲6八金寄(第4図)

 ▲6五歩△7三銀引と銀を追ってから▲6六角と先手は打ち据えるが、△4二金と上がるのが力強い受け。▲5七角の飛車取りにも△2一飛と引かれて後続手段がなくなってしまった。
 ▲6八金寄では▲2四歩と止める手も有力そうに思えるが、歩切れになるということもあり指す気がしないか。ここからいよいよ後手の反撃が始まる。
第4図  第4図以下の指し手
       △2六歩 ▲2四歩 △4四角
 ▲2六銀 △6六歩 ▲同 金 △2七歩
 ▲同 飛 △3六銀 ▲2八飛 △2七歩
 (第5図)

 △2六歩が当然ながら厳しい突き出し。▲2四歩△4四角▲2六銀に△6六歩も手筋の一手で、▲同角は△同角▲同金△3九角があるので金で取るよりない。形を乱してから△2七歩▲同飛△3六銀と攻め立て、▲2八飛△2七歩と進んで第5図。
第5図 ▲3八飛には△4七銀成があるため実戦では▲4八飛△2六角▲4九飛△2八歩成と進行したが、銀得の上にと金を作った後手の優勢は揺るぎようがない。以下先手も頑張りを見せて長手数となったものの、着実な指し回しで後手が勝利を収め、アマ竜王の栄冠を清水上アマが獲得した。

 本局や朝日オープンで大平四段を破った一局を見ても分かる通り、清水上アマは四間飛車の採用率が高い。インターネット速報も実現したようであり、瀬川四段の四間飛車対策に筆者は注目している。

三枚換えでも…

 前日に駒組みの段階まで取り上げた川上-西尾戦の続きである。▲6九飛と引いて局面は第1図、ここからいよいよ後手が仕掛ける。

第1図  第1図以下の指し手
       △8六歩 ▲同 歩 △7五歩
 ▲同 歩 △6四銀左▲6五歩 △7七角成
 (第2図)

 △8六歩▲同歩△7五歩はこの形での常套手段。しかし▲7五同歩に単に△6四銀左は珍しい。普通は先に△6六歩▲7六銀を入れるものだが、この場合は△6六歩を▲同銀と取られ、△7六歩に▲5九角と引かれてしまい(▲6九飛型の効果)後続がないと見たか。▲6五歩△7七角成に次の一手は当然▲同桂かと思いきや…。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲6四歩 △8七馬 ▲7八銀打△9八馬
 ▲6三歩成△同 金 ▲7二銀 △8六飛
 ▲8七歩 △8四飛 ▲6三銀不成△8八馬
 ▲7四銀成△8一飛 ▲7三成銀(第3図)

 先手は▲6四歩と銀の方を取った。△8七馬には▲7八銀打と投入し、△9八馬に▲6三歩成~▲7二銀の両取りを決める。▲8七歩で8筋を防いでから▲6三銀不成と金を取り、以下▲7四銀成~▲7三成銀と桂馬を取った第3図では角香と金銀銀桂の交換で三枚換えとなった。
第3図  第3図以下の指し手
       △1五歩 ▲2六桂 △1六歩
 ▲1八歩 △5二金 ▲4五桂 △4四歩
 ▲5三桂成△同 金 ▲3四桂 (第4図)

 さすがに三枚換えの駒得ならば先手優位でもおかしくない。1筋を手抜いて▲1八歩と謝ったのもそれを意識しての指し手に見える。
 ところが△5二金が▲3四桂の当たりを未然に防ぎつつ6筋を補強した一手で後手陣が引き締まった。桂馬を駆使して先手は攻めにかかるが、第4図では急に切れ筋模様と思えてきた。
第4図  第4図以下の指し手
       △6六歩 ▲7六銀 △7八馬
 ▲6六飛 △6四歩 ▲7四成銀 △8八角
 ▲6四成銀△6六角成▲5三成銀 △3三玉
 (第5図)

 後手は待望の△6六歩を実現。▲7六銀では▲5八銀と引く方が玉の守りに利いて優るようにも思えるが何か気になる筋でもあるのだろうか。ともあれ△7八馬と銀を取り、▲6六飛に△6四歩と止めることができるのも先ほど5二に金を寄った効果だ。
第5図 先手は成銀を活用して6筋突破を狙うが、△8八角~△6六角成と根元の飛車を取られてしまった。▲5三成銀と迫って詰めろをかけたものの、△3三玉が当然ながら「玉の早逃げ八手の得」の好手。端を詰めさせたこともあって後手玉は広く、金二枚の持ち駒ではうまい寄せがありそうにない。
 以下は十数手で後手の勝ちとなり、西尾四段が三勝三敗と五分の星に戻した。一方の川上六段は三連敗の出だしから連勝と巻き返していたものの、この敗戦によって二勝四敗とやや苦しい成績に。

 駒の損得だけが形勢判断を決める材料となるわけではもちろんないが、さすがに三枚換え、それも第3図の段階で角と金銀銀の交換ならばさすがに先手良しでもおかしくないはずである。
 第3図で△1五歩と突かれたところで▲5八銀と飛車を成り込みに行くような手はないのだろうか。△7八馬▲6二飛成なら銀を取られても依然として二枚換えで先手が指せそうだ。7三の成銀を6三~5三と寄せていくような筋も残っている。
 問題は▲5八銀に△6六香▲7七銀△同馬▲同桂△6九香成の局面をどう見るか。とりあえず先手は全ての駒がさばけているが、端に手がついており下手をするとこの一点だけで寄せられかねない。総じて難しい終盤戦といったところか。
 筆者のような受け身の棋風の持ち主はどうしても駒得を重んじる傾向にあるのだが、第3図の局面は三枚換えでも形勢は大変、という結論を出さざるを得ないようだ。陳腐な言い回しだが、やはり将棋は難しい。駆け引きのあった序盤のみならず、中終盤を通して見ても勉強になった一局であった。
前のページ 次のページ