FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(4)

第1図 今回も▲6六銀型に対して、△6八角成▲同金と飛車を取って△8七飛と打ち込む変化を研究する。第1図はそこで▲7七角と打った局面だが、前回のように△8九飛成と桂馬を取るのは▲7八角と竜を殺され、以下先手の強襲を受けてうまくいかなかった。そこで今回は△8二飛と回る手を検討してみる。

  第1図以下の指し手2
        △8二飛 ▲7八角 △8六飛成
 ▲同 角 △同 飛 ▲5五歩 △同 歩
 (第2図)
第1図 先手も初志貫徹で▲7八角と飛車を取りに行く。△8六飛成のところでは△8六飛上もあり後述する。本譜は自陣を睨む7七の角と飛車を交換した方が優るという居飛車の考えだが、7八の角にも▲5五歩で喝が入った。△8八飛成では▲5四歩△同銀▲5五歩で銀が死ぬためいったん△5五同歩と取り第2図。前回と同じように振り飛車は攻める。

  第2図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △1二歩
 ▲同香成 △同 香 ▲1三歩 △同 桂
 ▲1一飛 (第3図)
第3図
 ▲1五歩△同歩には単に▲同香が正しく、ここで▲1三歩と垂らすのは△2四角で攻めが続かない。△1五同香は▲1二飛から香車を取り返して先手良しなので△1二歩と辛抱するが、▲同香成~▲1三歩と激しく迫る。△1三同桂は最強の応手だが、▲1一飛と打たれた第3図では4一金型のため△2二玉の受けが成立しない。

  第3図以下の指し手
       △2一角 ▲1四歩 △2二玉
 ▲1三歩成△同 香 ▲同飛成 △同 玉
 ▲8七香 (第4図)
第4図
 △2一角ではいかにも苦しいが仕方ない。▲1四歩に△2二玉で飛車は取られる格好だが構わず▲1三歩成。△1一玉なら▲1四歩で寄り筋に近いので△同香だが、ここで▲同飛成と香車の方を取り、▲8七香で飛車を殺すのが正しい手順。第4図となっては陣形の差があまりにも大きく振り飛車良しである。結果的には4一金型を咎めるとともに先手の利点を活かすことができた。
 ここで再掲第1図に戻って、先ほど述べた別の手順を調べてみる。
再掲第1図  第1図以下の指し手3
       △8二飛 ▲7八角 △8六飛上
 ▲8七角 △同飛成 ▲8八歩 △8二竜
 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀 △5四歩
 ▲6六銀 (第5図)

 △8二飛▲7八角に△8六飛上が居飛車の工夫。ただし竜はできるが7七の好所に角が残るため一長一短だ。▲8八歩△8二竜で桂取りを防ぎ、先手は早速▲5五歩と攻めにかかる。
 これには後手も素直に応対する。▲5五同銀に△5四歩もこの一手だ。
第5図 ここで▲5四同銀△同銀▲1一角成は考えられる。居飛車が先手で△4二金直(▲6八金直)が入っている場合は、以下△2二銀に▲1二飛が痛打。これは悪くても振り飛車が千日手に持ち込める。しかしこの場合は▲1二飛に△3一金と受けることができ、この強襲はむしろ4一金型をプラスにしてしまっている。
 そこでおとなしく▲6六銀と引いて第5図。ここでは次に▲5七銀の活用や、一歩を手にしたことによる▲1五歩の狙いがある振り飛車が指しやすいと思う。後手は竜を作ったもののこれといった手が見当たらない。
 △7九角▲6六銀に対して普通に△6八角成▲同金と飛車角交換に持ち込むのは居飛車うまくいかないようだ。次回は別の手段を検討してみたい。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(3)

第1図 今回からは第1図のように▲6六銀と上がる手を研究する。これまで▲4五歩、▲6六角の変化がそれぞれ思わしくなかった振り飛車にとって、▲6六銀は最後の砦であるとともに最有力、最善の手段であると思う。
 対する居飛車の対策もいくつか考えられる。まずは平凡に飛車を取って攻める手から調べてみたい。

  第1図以下の指し手1
       △6八角成▲同 金 △8六歩
 ▲同 歩 △8七飛 ▲7七角 (第2図)
第2図 △6八角成▲同金と飛車を手持ちにしたものの、すぐに△7九飛・△8八飛はいずれも▲7八角と受けられてしまう。そこで8筋を突き捨て、開いた空間に△8七飛と打ち込む。
 今度は▲7八角には△8六飛成で無事に生還できる。振り飛車困ったようだがここで▲7七角が読みの入った受けだ。

  第2図以下の指し手1
       △8九飛成▲7八角 △同 竜
 ▲同 金 △8九角 ▲6八金 △5六角成
 ▲5七銀 △5五馬 ▲同 角 △同 歩
 (第3図)
第3図 振り飛車の注文通り△8九飛成と踏み込んでみたが、第2図で△8二飛と回る手もあり次回取り上げる。桂馬を取られるものの▲7八角で竜を消し、歩切れの後手には手がなさそうだが△8九角が後続手段。▲8八飛のような受けには△7八角成~△6七金がある。
 そこで▲6八金と避わし、△5六角成に▲5七銀と角道を通しつつぶつけて馬を消す。手番を握った第3図、先手はどう指すべきか。

  第3図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲1二歩 △同 香
 ▲1一飛 △2二玉 ▲3三角 (第4図)
第4図
 手薄な端から手を作るのがこの場合の筋。△1五同歩に単に▲同香と走るのも、△同香に▲1二飛の筋を見せて相当だ。
 しかしここでは直接的に攻めて行く。▲1三歩と垂らすのは△2四角と受けられてはっきりしないため、▲1二歩と叩いて▲1一飛と打つ。△2二玉がぴったりのようだが、第4図の▲3三角がそれを上回る強手だ。△同桂は▲4一飛成なので△同玉と取るしかないが、▲2一飛成の局面は角の丸損でも玉形に差があり過ぎて振り飛車良し。4一金型を見事に咎めた。

 やはり第2図で△8九飛成は先手の術中にはまってしまうようだ。次回は前述の通り△8二飛と回る手を研究する。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(2)

第1図 今回も第1図以下の攻防を研究する。前回では図より▲4五歩と突く手を調べてみたが、振り飛車が思わしい展開とはならなかった。そこで今回は▲6六角と打ってみる。

  第1図以下の指し手2
 ▲6六角 △4四銀 ▲3六歩 △4二金直
 ▲3七桂 △8二飛 (第2図)

 ▲6六角に対する後手の受けはいくつか考えられるが、まず△4四歩では即座に▲4五歩と突かれてまずい。
第2図 また△3三桂と跳ねるのはいかにも薄く、▲3六歩△4四歩に▲5五歩と仕掛けられるくらいで居飛車が困っている(参考図)。△同歩▲同角△7三桂などと迂闊に進めると、▲6九飛と引かれて角を殺されてしまう。かといってこの歩を取れないようではおかしい。
 そこで△4四銀と上がって香取りを防ぐのが最善である。▲3六歩に△4二金直と上部に備えられた際に、単に▲4五歩△3三銀▲5五歩は△5三銀で攻めが軽すぎる。▲3七桂と力を溜める一手が必要だが、△8二飛と寄れたのは居飛車にとって大きい。第2図からどのような方針で先手は指すべきか。
第2図
  第2図以下の指し手1
 ▲4五歩 △3三銀 ▲2五桂 △2ニ銀
 ▲8八銀 △6八角成▲同 金 △2四歩
 (第3図)

 第2図から▲4五歩~▲2五桂と勢い良く攻めてみるのはどうか。▲8八銀と引いて角を入手することもでき、次に▲7七角打と打つ攻めが単純ながらも非常に受けにくいように見える。
 しかしこれには△2四歩と突くのが好手で、先手の攻めはこれ以上続かない。
第3図 第3図で狙いの▲7七角打には△2三飛と自陣飛車を投入するのが好手でぴったり受かっている。また▲4六角△7三桂▲2四角と歩を払ってもやはりそこで△2三飛が好手。角を逃げるしかないが△2五飛と桂馬を取られてしまい、いずれも指し切り模様となる。どうやら第2図で単純に攻めるのはうまくいかないようだ。

  第2図以下の指し手2
 ▲4七金 △6八角成▲同 銀 △8六歩
 ▲同 歩 △同 飛 ▲8八歩 △7六飛
 (第4図)
第4図 第2図で▲4七金と上がって△6八角成を催促する手もある。しかし▲6八同銀に△8六歩とされていかにも忙しい。▲8六同歩のところ▲2五桂は△8七歩成▲3三桂成△同桂で居飛車良し。桂頭がいかにも薄いが歩切れの先手に手はなく、一時的な駒損もすぐに解消できる形だ。
 そこでいったん▲8六同歩と取り、△同飛に▲8八歩と辛抱してみる。これには△7六飛と急所の6六角を取りに行くのがわかりやすい。第4図以下▲7七銀△6六飛▲同銀が予想されるが、銀が浮いている先手に対して後手陣はしっかりとまとまっており、手番を握っていることもあり居飛車優勢である。

 第1図で▲6六角と受けるのは振り飛車がうまくいかないようだ。次回は三番目の候補手である▲6六銀の研究に移りたい。四間飛車党の筆者としてはここからが本番である。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(1)

第1図 今回より△7二飛に対して第1図のように▲6五歩と突く手を研究してみたい。先手鷺宮定跡の場合はこの手に対して居飛車有利が確立されているが、後手番で△4二金直の一手が入っていない場合はどうであろうか。
 第1図から△7七角成は当然の一手。対して▲同桂と取るのは、△8二飛▲6九飛△2二角くらいでも振り飛車が良くならない。元々居飛車良しの定跡に踏み込んでいるだけに、4一金型を咎める展開に持ち込んでその結論を覆す必要が先手にはある。そこで▲7七同銀と取り、△7九角と打たれて第2図。
第2図 角を打たない変化は回を改めて研究する。第2図では▲4五歩・▲6六角・▲6六銀の三つの手段が考えられるが、順を追って解説していく。

  第2図以下の指し手1
 ▲4五歩 △4二金直▲6六角 △3三桂
 ▲3六歩 △8ニ飛 (第3図)

 △4六角成の筋を避けつつ▲4五歩と突き出すのは味の良い一着だ。対して△4二金直と備える一手が居飛車は必要であり、ここで先後の差が如実に表れる。
第3図 第3図の△8二飛に代えて△7一飛と引き、香車にヒモをつけて△4五桂(▲6五桂)と跳ねるのが鷺宮定跡の切り札とでも言うべき指し方。しかしこの場合は▲3七桂が間に合うため成立しない。振り飛車が先手番の得を活かしている展開と言えるが、ここからどう指すべきか。先手としては居飛車の薄い桂頭を狙いたいところだが…。

  第3図以下の指し手1
 ▲3七桂 △7三桂 ▲8八銀 △6八角成
 ▲同 金 △6五桂 (第4図)
第4図 ▲3七桂と玉頭戦に備える手は考えられるが、後手は△7三桂と反対側の桂馬を活用してくる。そこで▲2六歩△8一飛▲2七玉△6五桂と進んだ実戦例(山口千嶺-青野戦)もあるが、桂頭を玉で受ける形がいかにも薄い上に、△8一飛と態勢を整えられてから桂馬を跳ね出され振り飛車思わしくない。
 そこで▲8八銀と飛車角交換を催促するが、△6五桂と跳ねられた第4図では先手の指し手が難しい。▲5五歩△同歩▲同角△8一飛▲3五歩のように攻めると、すかさず△5六飛が飛んでくる(参考図)。振り飛車は駒損を免れることができない。
参考図 歩を入手して攻めたいところだがどうもうまくいかず、かと言って第4図ですぐ動かなければ、後手に△8一飛や△2四歩と指されて形を整えられてしまう。そこで第3図に戻って変化してみる。

  第3図以下の指し手2
 ▲8八銀 △6八角成▲同 金 △7三桂
 (第5図)

 △7三桂~△6五桂が来る前に第3図で▲8八銀と引いてみるが、△6八角成▲同金にやはり△7三桂と跳ねられて第5図。
第5図 ▲7七桂で△6五桂そのものは防げる形だが、今度は△8六歩▲同歩△同飛が銀取りになってしまう。▲8七歩と打つよりなさそうだが、手順に△8一飛と下段に引かれては振り飛車が不満だ。

 第2図で▲4五歩と突くのは確かに先手の得ははっきりと表れるものの、後手の有力な手段である△4五桂・△6五桂・8筋交換の全てを阻むことはできず、はっきり悪くなるわけではないが居飛車の方が模様が良い、というのが筆者の結論だ。そこで次回では▲6六角と打つ手を研究してみたい。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲4五歩(3)

第1図 今回も第1図以下の攻防を研究する。前々回では△7五歩▲同歩△同飛と、前回では△4四歩や△3三桂と位に直接働きかけてそれぞれいい勝負だった。だが、第1図で居飛車はすぐに動く必要性があるのだろうか。
 第1図では△4二金直とさらに一手待つ手が有力である。先手は何か指さなければいけないが、▲6七銀では△7五歩と仕掛けられ、▲同歩△6四銀▲6五歩△7七角成▲同桂△7五銀▲8五桂△7六歩▲7八飛△7七角と定跡通りに進んで、4五の位も結論を覆す材料とはならず四間飛車が悪くなる。
第2図  第1図以下の指し手4
       △4二金直▲4七金 △7五歩
 ▲同 歩 △同 飛 ▲6七銀 △6四歩
 ▲7八飛 △6五歩 ▲6八角 (第2図)

 第1図で▲3六歩も王手飛車の筋が生じていかにも危険、となれば先手の得を活かす手は▲4七金くらいか。しかしこれには前々回で紹介した手順通りに仕掛けて第2図となる。
 
  第2図以下の指し手
       △7八飛成▲同 銀 △6六歩
 ▲8三飛 △8八飛 (第3図)
第3図
 △7七歩と打つ変化でも居飛車指せそうだが、ここは△7八飛成▲同銀△6六歩と進めるのが明快。第3図の△8八飛が痛打で、▲7九歩には△6七歩成があり非常に受けにくい。▲4七金と上がった手を見事にとがめた格好となった。
 まだしも▲8三飛に代えて先に▲7九歩とでも打っておくくらいだが、△6七歩成▲同銀△9九角成で居飛車が指せる。7筋に歩が利かないため、▲8三飛には△7三桂と悠々逃げることができるのが強みだ。あるいは単に△7三桂も味が良い。いずれにせよ、△4二金直に▲4七金と上がる手は単純に仕掛けられて成立しない。
第4図
  第1図以下の指し手5
       △4二金直▲9八香 (第4図)

 結局のところ△4二金直には先手も形を決めずに待つよりなさそうだ。そこで▲9八香と上がって第4図。
 何気ない交換のようだが、第4図から△3三桂あるいは△4四歩と突く変化に持ち込めば、△4二金直は玉頭に厚みを加えて価値の高い一手となる。対する▲9八香は展開次第だが価値のない一手になる可能性もあり、第1図で単に△3三桂や△4四歩より居飛車が得をしている。

 前回紹介した杉本-中田宏戦も、実際には▲4五歩に△4二金直▲9八香の交換を入れてから△3三桂を決行している。細かいところだが先手に駒組みを進める一手がないことを見越して、第1図では△4二金直が最善というのが筆者の結論。もちろんその後に△7五歩ではなく、△3三桂や△4四歩と指すことが前提となる。
 今回で▲4五歩型は一区切りとし、次回からは△7ニ飛に▲6五歩と突く変化の研究に移ることにしたい。
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。