FC2ブログ

四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸谷流右玉~対向かい飛車編~

 筆者の実戦より。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしからの向かい飛車に対して例のごとく対振り糸谷流右玉を採用、6七銀型ではなく5七銀型なのがいつもと違うところ。6筋の歩を交換したところ△6二飛と回られたため▲5五歩と牽制、対する後手の△1三香が結果的には緩手となった。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲2九飛 △5四歩 ▲2五歩 △5五角
 ▲6六歩 △1五歩 ▲2四歩 △2八歩
 ▲同 飛 △1六歩 ▲1八歩 △6五歩
 ▲5六歩 △7三角 ▲2三歩成(第2図)

 飛車を再び2筋に戻した。対して△2二飛や△2五桂なら違った展開になっただろう。本譜はお互いに我が道を行く。途中で△2八歩と打ったのが余計で、一歩を与えたため△6五歩に対して▲5六歩と受けることができた。仕方のない△7三角に▲2三歩成が実現。香取りである。

第2図  第2図以下の指し手
        △6六歩 ▲同 角 △5三金
 ▲6七歩 △8四角 ▲1三と  △6六角
 ▲同 歩 △1三桂 ▲2三飛成△8八角
 ▲9七香 △7九角成▲1三竜 △8九馬
 (第3図)

 △6六歩▲同角△5三金と飛車先を通すものの金が玉から離れた。▲6七歩△8四角で角交換をさけて▲8八角もあったかもしれないが、先に▲1三とと香を取る手も大きい。以下先手は竜を、後手は馬を作り、それぞれ桂馬を取り合って第3図。美濃崩しの手筋は……。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲8六桂 △6三銀 ▲4五歩 △5五歩
 ▲4四歩 △5六歩 ▲同銀右 △5五歩
 ▲4七銀 △1七歩成▲同 歩 △1二歩
 ▲2三竜 △2二歩 ▲2九竜 (第4図)

 6二に飛車がいる形なので▲8六桂がことさら厳しい。△6三銀で飛車先が止まったので▲4五歩と攻勢に出る。以下5筋の位を取られたものの、銀取りが残っていて後手忙しい。△1七歩成以下丁寧に相手をして、▲2九竜と馬取りに引く手がぴったりとなった。第4図

  第4図以下の指し手
        △5六桂 ▲同銀直 △同 馬
 ▲同 銀 △同 歩 ▲4四歩 △4六銀
 ▲4七金右△同銀成▲同 玉 △4四金
 ▲3三角 (第5図)

 やむを得ず後手は5六の地点で清算してきたが、▲4四歩と銀を取り返して駒割りはほぼ先手の角得。あとは相手の攻めを切らすのみ。△4六銀に▲4七金右は指した感触が悪かったのだが、△同銀成▲同玉△4四金に▲3三角が5五への進出を許さない手で勝利を意識した。第5図

 第5図以下は△5五銀▲4六歩△4五歩▲同桂△同金▲同歩△5七金▲3七玉△4四歩に▲5九金まで。最後まで8六の桂馬が後手の攻めを緩和する抑止力となってくれた(△5四銀と出られない)。

 第1図で△1三香に代えて△5四歩ならば大変だっただろう。いくらツノ銀ではないからと言って、あまり6筋交換型は優秀ではなさそうである。相振り飛車をあまり好まなくなった筆者の、糸谷流対振り右玉の試行錯誤の日々はこれからも続く。

ゴキゲンかフキゲンか

 筆者の実戦より。初手▲5六歩からゴキゲン中飛車にしてきた相手に対して右玉を採用、その後先手は三間飛車に振り直して一歩交換し、さらに桂馬も交換してきて迎えた第1図。とりあえず銀を逃げる一手だが、さてどちらに引いたものか?ちなみに相手は先日紹介した「糸谷流対振り右玉炸裂」と同一人物(最高四段の三段)だったのだが、対局中は気づいていなかった。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六銀 △7五桂 ▲6八金 △8七桂成
 ▲7六飛 △8五歩 ▲6六飛 △7三金
 ▲5七桂 △8六歩 (第2図)

 ▲5六銀とこちら側に引いたので密かに狙っていた△7五桂を着手。端角を成られないようにするためには▲6八金と逃げるよりないが、△8七成桂が実現した。▲7六飛に△8五歩と突いて△8六成桂を見せたが▲6六飛と先逃げ。△7三金と6筋を受けたが▲5七桂と打たれ、ここで△7七成桂は▲5八金寄で逆先になってしまう。そこで△8六歩と溜めたが……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲4六歩 △同 角 ▲6五歩 △7七成桂
 ▲同 金 △5七角成▲6四歩 △同 銀
 ▲7六桂 △6六馬 ▲同 金 △6三歩
 (第3図)

 ▲4六歩が「大駒は近づけて受けよ」の格言通りの好手。△同角▲6五歩に△7七成桂を決行したが、ここでもし▲6四歩だったら困っていた。取れば▲6五銀が角取りになるし、△7二銀とへこむようでは▲5八金寄△8七歩成▲6五桂くらいで潰されそうだ。第3図

 ところが本譜は▲7七同金だったため△5七角成で急に視界が開けてきた。以下▲6四歩△同銀▲7六桂に△6六馬と飛車を取れたのは大きい。▲同金に△7五銀とぶつけるのは恐いので△6三歩と辛抱して第3図。
 実戦はここから▲8三歩△同飛▲6五銀△6九飛に▲4八角打?と進んだため△6五銀とポロっと取れてしまい、戦意喪失したか相手が投了、あっけなく勝ちが転がり込んできた。
 とりあえずゴキゲン中飛車を撃退(とはいえ早々に三間飛車に転換しての戦いだったが)、相手をフキゲンな気分にさせることに成功。同格くらいの相手の振り飛車に一応それなりに通用するということは、糸谷流右玉も少しは板についてきたということなのだろうか。今後も経験を積んでみたい。

糸谷流対振り右玉炸裂

 筆者の実戦より。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから糸谷流対振り右玉対向かい飛車の将棋となり第1図。▲9七角と端角で6四の歩を狙ってみたところである。対する後手の応手が疑問だった。

第1図  第1図以下の指し手
        △6三銀上▲6八金 △7二金
 ▲5六歩 △7四歩 ▲5九飛 (第2図)

 △6三銀上では△6三銀引とすべき。本譜の進行を見れば分かるが、5四の銀を狙って第2図では5筋の位獲得が確定している。ところで糸谷先生の棋譜をいくつか並べてみたのだが、途中で△9五歩とされたら▲同歩△同香▲8六角△9八歩▲9五角△9九歩成▲同飛△9一香の田楽刺しは角損でも端が破れるため良しなのだろうか。ぜひ『とっておきの右玉』に続いて『糸谷流右玉』でも著して解説して欲しいものだ。第2図

  第2図以下の指し手
        △4二金 ▲5五歩 △4三銀
 ▲5六銀左△7三桂 ▲6五歩 △同 桂
 ▲同 桂 △同 歩 ▲同 銀 (第3図)

 △4二金はこれしかないが以下必然の手順で5筋の位を取り先手好調である。▲6五歩△同桂▲同桂を△同歩と取らなければまだ持ちこたえることができたかもしれないが、第3図となっては後手まとめようがない。第3図より△6四歩▲同銀△同銀▲同角△7三銀▲8六角△5二銀?▲6四桂……と進んで快勝。第3図

 本局は出来すぎであるが、何となく糸谷流対振り右玉の感覚がつかめてきた。昨日は対ゴキゲン中飛車にも採用し、相手の無理攻めを誘って完勝している。相振り飛車に少々食傷気味な筆者としては、今後も対後手振り飛車にはこの作戦を採用していくことにしたい。ただし石田流相手には少々分が悪いのか、棒金模様に1筋から仕掛けてみたものの、見事に自陣がぶっつぶれて完敗。どの振り飛車にも対応できる、というわけではないのだろうか。


堅けりゃいいってもんじゃないぞ

 筆者の実戦より。後手番なので右玉にしたところ、相手(四段)はガチガチの松尾流穴熊に。先手番ではないので千日手でも構わないと思っていたが、第1図の▲3六歩を見て動いてみることにした。

第1図  第1図以下の指し手
        △5五歩 ▲2四歩 △同 歩
 ▲同 角 △5六歩 ▲3三角成△同 桂
 ▲5六金 (第2図)

 △5五歩に▲2四歩から角交換にきたがこれは疑問。▲3七桂と活用をはかりつつ4五の歩を狙うのが本筋だろう(その時は△5四銀左の予定だが、こちらから△5六歩とは取り込みづらい)。△2四同歩▲同角に手抜いて△5六歩と取り込めるのが右玉の利点。以下角交換後に▲5六歩と手を戻すが……。

第2図  第2図以下の指し手
        △5五歩 ▲同 金 △3九角
 ▲6八飛 △5四歩 ▲5六金 △2一飛
 ▲6五歩 △同 桂 (第3図)

 △5五歩が痛打。本譜は▲同金だが▲5七金でもやはり△3九角がある。▲6八飛と6六の歩を取られない場所に逃げるが、△5七角成を急がず落ち着いて△5四歩▲5六金と収めてから△2一飛と飛車を展開して、次の飛車成りが非常に受けにくい。▲6五歩に△同桂が利くのが大きく、個人的主観では第3図は既に大差だ。

第3図  第3図以下の指し手
 ▲2二歩 △同 飛 ▲2八歩 △5七桂成
 ▲6九飛 △4八角成▲5七金 △同 馬
 ▲3七角 △7三金 (第4図)

 ▲2二歩には△同飛と普通に応じておいて何の問題もない。▲2八歩に△同角成とがっつかないで△5七桂成で▲6五歩を逆用することができた。以下金桂交換の駒得となる。▲3七角は次に▲6五歩からの攻めを狙っており油断のならない一手だが、ここで△7三金が「友達をなくす一手」。

第4図 『とっておきの右玉』の著者が右玉の桂馬と銀を交換した後にここに銀を打ち込む手が印象深く残っていたので、拝借させて頂いた。以下▲6五歩△同歩▲7七桂△4六歩▲6五桂(▲同角は△4七馬▲7三角成△同玉▲6五桂に△6四玉で大丈夫。▲7三桂成ないしは▲5三桂成なら△6九馬と飛車を取れる)△6四金▲4六角△4七馬▲6四角△同銀▲6七飛△5六馬(△6五馬は▲同飛△同銀▲6四桂がしゃくにさわる)▲7五歩△6六歩▲7六桂△6七歩成▲6四桂△6三玉まで後手の勝ち。

 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』には「プロの公式戦では、松尾流に組めた場合の居飛車の勝率は脅威の8割」とあるが、それはあくまで対四間飛車の場合。右玉の場合にはそれは当てはまらない。薄くて広い玉を好む筆者としては、将棋は堅く囲えばいいってもんじゃないということを実戦で示すことのできた満足のいく一局。

糸谷流対振り右玉はじめました

 というより指さざるをえない状況が訪れました。お互い居飛車か振り飛車か態度を決めかねる変則的な出だしから、相手が△7三銀型から3二飛と振ってきた時にはすでにツノ銀が完成していたので右玉を採用、結局後手の7三の銀は8二に引いて穴熊となり迎えた第1図。ここからの筆者の珍手順を御笑覧あれ。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六歩 △7三角 ▲5七金 △3四金
 ▲6八角 △4五歩 ▲同 歩 △3三桂
 (第2図)

 後手の△5一角は7三への転換を目指したもの。それを察したはいいが、5七金型がいかにも愚形。△3四金に対しては▲8六角と覗く手が成立した。▲5三角成を受けさせて(どうやって受けても愚形もしくは攻め駒が使いにくくなる)それから▲6八角と引くのが将棋の手というもの。本譜△4五歩に対しても▲同桂と取る手を考慮すべき。そして第2図で私の指した手は……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲8六角 △4五桂 ▲同 桂 △4六歩
 ▲同 金 △4五銀 ▲同 金 △同 金
 (第3図)

 わざわざここに来て4六の地点を薄くする▲8六角。先手の人は何を考えているのかと小一時間問い詰めたい。△4五桂▲同桂に△4六歩が当然ながら好手で、▲同金と取ったが開き直って▲5三桂成△4七歩成▲同玉の方がマシか。第3図となっては先手陣形は収拾がつかない。

第3図 以下▲4六歩△同金▲同銀△同角▲4七金△4五桂▲4九桂と粘ってみたものの、そこで△2八銀と飛車を殺され、▲4六金と取るよりないが△2九銀不成▲4五金△2八飛▲3七玉△3八銀成▲4六玉△2六飛成とポロっと金を取られては勝負あり。

 ……『とっておきの右玉』再読して出直してきます(こんな形は載ってないけど)。ただ糸谷流対振り右玉自体は指していて面白かったので、今後も機会があれば実戦で試してみたいものである。


前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。