四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲6六銀型の熟練度をさらに上げる

第1図 またしてもネット将棋の実戦で第1図が出現。△4二角型も有力ながら、やはり松尾流の堅陣は魅力的なのかこの形になることが多い。ここからの筆者の珍手順を御笑覧あれ。

  第1図以下の指し手
       △8五飛 ▲6五歩 △8七歩
 ▲2五桂 △2四角 ▲6三飛成△8八歩成
 ▲4五歩 △9九と ▲4四歩 △5三金
 (第2図)

 △8五飛▲6五歩までは本通りの手順だが、ここからどのように進行するか。
第2図 本譜の△8七歩は確実だが遅い攻め。しかし筆者も▲2五桂~▲6三飛成と頓珍漢な手を指してしまう。竜王の居飛穴本にも載っていた村山-櫛田戦に倣ったものだが、平凡に8筋を破られ▲4四歩に△5三金とかわしつつ竜に当てた第2図となっては▲6三飛成が一手パスとなっている。当然先に▲4五歩と突くか、飛車を成るなら▲6二飛成としておくべきだった。

  第2図以下の指し手
 ▲7二竜 △5四歩 ▲6四銀 △同 金
 ▲同 歩 △8九飛成▲4三金 (第3図)
第3図 ▲7二竜と逃げる一手ではあまりに情けなく負けを覚悟したが…。△8九飛成が攻め急ぎすぎの悪手。▲4三金と打った第3図ではむしろ攻め合いは先手に分がある。△3一銀打と受けるくらいだが最低でも千日手には持ち込めそうだ。実戦は△3一金だったため▲4二金以下十数手で勝ち。
 △8九飛成では角筋を止めるなどしていったん受けるべきだったと思うが、△5五銀ではいかにも気が利かないか。こちらが一手パスした勘定でも勝負の形は為しており、さすがに第1図からの△8五飛▲6五歩△8七歩は振り飛車が良くなりそうである。

 話は完全に変わるが、遠山新四段の誕生は個人的に嬉しい。以前当ブログの定跡研究でも実戦例としてこちらで紹介したが、先手でこのような将棋を指すくらいなのだから生粋の振り飛車党、それも四間飛車がメインの方なのであろう。今後の活躍が楽しみである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/99-d5a6fcd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。