四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島-野月戦 最終盤の疑問

第1図 三日前の記事で紹介したB級1組順位戦の島-野月戦であるが、再度棋譜を並べているうちに最終盤の局面で疑問が生じた。
 第1図は▲8六桂と島八段が王手をかけたところ。対して本譜は△8四玉と逃げたため、▲7五金と歩頭に出る手が好手となった。以下△同歩に▲9三角打△8五玉▲7五角成と進めばその効果がはっきりと分かる。△9六玉と逃げるしかないがこの手によって△9八歩成に▲同飛が逆王手となり、先手玉への詰めろがほどけてしまった。そこで▲6一飛成と金を取る手が成立し、以下△8九金▲同玉△7七桂▲7九銀までで島八段の勝ちとなったわけである。
参考1図 そこで考えたのだが、第1図で△8五玉と逃げる手はないのだろうか。▲9四角△8四玉(△9六玉はやはり▲6一飛成で先手はっきり勝ちになる)と進み、そこで▲6一飛成は△9八歩成から簡単に詰み、さりとて持ち駒もなく受けるとすれば▲8八玉しかない(参考1図)。
 例えばここから△9七歩成▲7八玉(▲7九玉は△7七銀で受けなし)△5七金でどうか。この金打ちは詰めろではないが、▲6一飛成なら△7七銀▲同玉△8五桂▲同角△同玉と進めて参考2図。先手玉は△5九角以下の詰めろで後手玉は上部が開けており詰まず、これは逆転しているのではないか。
参考2図 参考1図から△9七歩成▲7八玉△5七金に対して考えられる他の応手は▲6七金くらいか。いかんせん持ち駒が歩しかなく危ない受け方だが、駒が入れば後手玉も詰む形だけに希望が持てる。
 しかし△8九銀と打たれれば、以下▲7七玉△6五桂▲6六玉△6七金▲同玉△5七金▲6六玉△7七銀▲6五玉△6四歩▲同角成△同金▲同玉(参考3図)までは先手側に変化の余地はない。図から△6三銀打▲5三玉△5二銀で飛車を取ることができる上に、△8五銀や△8六銀成のような保険も利いている。後手も入玉できれば持将棋に持ち込むことができそうだ。
参考3図 なぜこの変化を野月七段は選ばなかったのか。よく考えてみると第1図から△8四玉に単に▲9三角打でも△8五玉▲7五金で後手玉は9六へ行くことになり、この順をまさか見落としたとも思えないのだが。もし筆者の述べた変化に穴がなければ本局の最終盤はとても先手勝ちとは言えず、ひいては先日述べた中終盤の攻防も先手良しではなく形勢は難解だったのではないかということになる。
 筆者の力量では参考3図のような展開になり泥試合、としか結論は出せない(この先をさらに研究する気力も棋力もない)。是非ともどなたかの意見を拝聴したいところである。
スポンサーサイト

コメント

△5七金の変化は

はじめまして銀と申します。
参考1図から、△9八歩成▲7八玉△5七金▲6一飛成△7七銀▲同玉△8五桂▲同角△同玉ですと、▲9四銀△9六玉▲9八飛△9七歩▲8八桂で詰みますので先手勝ちでしょう。
ですので△8五玉と逃げていればまだ勝負は不明であったと思いますけれど、駒損が大きいので勝ちきるのも難しいかなと思います。

Re:△5七金の変化は

こちらこそはじめまして。
五手詰めを見落とすとはお恥ずかしい。参考1図から△9八歩成▲7八玉△5七金の変化が潰れとなると後手大変ですが、ご指摘をふまえてもう一度考えてみます。

  • 2005/09/07(水) 00:50:51 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/97-f7b0175c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。