四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

新世紀四間飛車、棋聖に完勝

第1図 銀河戦決勝トーナメントの櫛田-佐藤棋聖戦を今回は取り上げてみたい。四間飛車対居飛車穴熊となり第1図、よくある形だが先手番かつ居飛穴が端を受けているため振り飛車の手が進んでいる。これがどのように影響するか。

  第1図以下の指し手
 ▲2七銀 △6二飛 ▲5七銀 △6四歩
 ▲同 歩 △同 銀 ▲3八金 (第2図)

 ▲5七銀と引いて居飛車の攻めに備える手も考えられるところだが、櫛田六段は銀冠を目指した。
第2図 △6二飛には今度こそ▲5七銀。銀引きが一手遅い印象も受けるが、△6四歩▲同歩△同銀にも悠々▲3八金と上がる。通常は△6五銀と立たれ、次に△6六歩を狙われてまずいのだが、本局は居飛穴が5二金型のため▲4四角と出る手がある。それならば第2図ではじっと△4三金が第一感だが…。

  第2図以下の指し手
       △5五歩 ▲6五歩 △同 銀
 ▲5五角 △7三桂 ▲4四角 △6四飛
 ▲5五角 △6一飛 ▲1五歩 (第3図)
第3図 佐藤棋聖の着手は△5五歩だったが、これは疑問手ではないだろうか。▲6五歩は攻めを呼び込むようで怖い面もあるが、この場合は△6五同銀に▲5五角とさばけた利点の方が大きそうだ。以下▲4四角、再度の▲5五角も全て先手となり、第3図となっては急所の端に手をつけて振り飛車好調である。

  第3図以下の指し手
       △5四歩 ▲4四角 △4一飛
 ▲4五歩 △1五歩 ▲1三歩 △同 香
 ▲2五桂 (第4図)
第4図 歩がぶつかっているのが1五なので、なんとか先手の角を8八に撤退させて△6六歩と角筋を止める下ごしらえを先にしておきたいところだ。しかし△5四歩に▲4四角、△4一飛(△4三金は▲2二角成~▲5二銀が痛打)には▲4五歩がぴったりでうまくいかない。
 第4図から△4三歩と指すわけにもいかず、佐藤棋聖は△1二玉と穴から這い出しての顔面受けを見せるがこれではあまりにもつらい。以下も櫛田六段の指し手は冴え、終わってみれば銀冠が手つかずのまま完勝。対照的に後手の穴熊は崩壊して見る影もなかった。
 かつて世紀末四間飛車で名を馳せた櫛田六段。若くして自らフリークラスに転出したものの、新世紀となった現在では各棋戦でも活躍を見せ、棋譜を並べてみても質の高い将棋が多い。四間飛車の採用率も昔と変わらず高く、個人的には注目している棋士の一人である。
 一方、今をときめく佐藤棋聖としては早指し将棋ということを差し引いても不出来な拙戦と言わざるを得ない。第2図で無難な△4三金を選ばず、△5五歩と突っかけたあたりはいかにも康光流といった印象だが、この場合は裏目に出たか。
 先手番では▲6六銀型を採用する筆者としては、実戦に現われそうな形だけに非常に参考になった一番であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/96-d4e3b1dc