四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

懐古趣味が悪いというわけではないが

 この文章を書いている時点でまだ最新号(10月号)を読んでいない。そんな筆者に語る資格があるかどうかはさておき、最近の『将棋世界』には懐古趣味的な雰囲気が漂っているように思われて仕方がない。
 その良し悪しはさることながら、日本将棋連盟のページで見た今月号の表紙には大きく「丸田祐三九段、陣屋事件を語る」の文字が躍る。また付録は先月に引き続き「大山康晴 忍の一手」である。数十年前の話題を大々的に振り返るこうした姿勢に、違和感を覚えるのは筆者だけであろうか。
 瀬川アマのプロ編入試験六番勝負を例に挙げるまでもなく、将棋界はファン拡大、普及に向けて改革を進めるべき時期に来ている。その真っ只中に懐古趣味的な記事を大書きにして前面に押し出すというのは、賢明なやり方とは到底思えない。少なくとも表紙に大きく取り上げるべきは瀬川アマの二戦目勝利、ないしは羽生四冠対佐藤康光棋聖の十七番勝負関連の話題ではないだろうか。
 ここで終われば本文の主題は明確なものとなるのだが、問題が一つある。それは先に挙げた丸田九段の記事や大山先生の付録の内容をとても面白い、と筆者が感じていることだ。客観的に見ても筆者は将棋ファンの中でもかなりコアな部類に入ることは間違いないが、そうした者にとっては戦後間もなく、ひいては戦前にまで遡る将棋界の知られざる秘話といった題材は魅力的というわけか。
 米長新会長は先月の『将棋世界』誌において、巻頭雑感と題して就任演説めいた文章を寄稿している。その中に「ファンの声を大事にして、普及部と連動しての誌面作りを目指します」「将棋世界はプロの雑誌ではなく、アマチュアに支持され、読んでもらうための工夫、努力をして参ります」とあるが、その結果が懐古趣味的な特集記事に結びついたのか否か。事の真相が気になる次第だ。
スポンサーサイト

コメント

最近、河口俊彦戦先生の新対局日誌を一気に読んだのですが、大山先生が生きていた頃の将棋界の話は人間味が溢れていて魅力的に感じました。将棋ファンの年齢層が高い事を考えると、懐古趣味の記事はファンの受けが良いのかもしれません。nusonoさんのおっしゃるように間違えた方向性に向かってしまっているとは思いますが・・・・・。
もし「将棋を覚えたばかり」の人に興味を持ってもらえる雑誌を作りたいなら、編集陣にも将棋界にどっぷり漬かっていない人材を投入する必要があるかもしれません。古き良き時代を知ってしまっていると、懐古趣味が魅力的に思えて仕方ありませんから。
長文失礼しました。

  • 2005/09/04(日) 10:02:48 |
  • URL |
  • poison #mQop/nM.
  • [ 編集]

poisonさんこちらではお初です。
「将棋を覚えたばかり」の人がターゲットではなく、筆者も前に書いたように「将棋専門誌」としてのスタンスを取り、高い年齢層にあわせた記事を掲載すると考えれば懐古趣味上等でいいのかもしれません。
どっぷり漬かっていない人材の投入も、棋士自身が運営も行なうという将棋界の体質を見るになかなか難しいでしょうし。

  • 2005/09/05(月) 01:09:22 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

将棋世界買いました。今回の目玉は米長会長とホリエモンの対談でした。
カラー4ページ、対談記事8ページに及びながら表紙に対談の事は全く書いてありません。
この2人を表紙にするのと実際の表紙のように夕暮れの対局場を表紙にするのではどちらが人目を引くかは素人でも明白です。
どうしてこんなもったいない事が出来るのか全く理解できません。「対局場の写真を使え」という圧力でもあったのでしょうか。
後輩の日記ではこの対談があるのをネットで見て買うことにしたとありましたが、ネットを見ないとわからないのと、表紙になって本屋で目に付くのでは(以下略)。
将棋世界に限った話ではないですが、瀬川問題ももっとニュースになるような努力が必要と思います。
これほどの普及のチャンスを役立てられないようでは連盟の未来は暗いでしょう。

  • 2005/09/05(月) 23:47:38 |
  • URL |
  • godafone #KZ.MiT.M
  • [ 編集]

別にホリエモンはどうでもいいのだが、編集後記を見て複雑な気分に…。

  • 2005/09/06(火) 07:41:19 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

結果論。

ホリエモンはその後証券取引法違反で逮捕され、村上世彰と並び平成の世を騒がせたグリーンメーラーの汚名を被ることになりました。米長はそれを察知でもしたんでしょうかねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/95-7c30c293