四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

▲6六銀型の優秀性

第1図 筆者の将棋より。▲6六銀型は対穴熊はさておき、ミレニアム相手には非常に優秀と認識している。第1図から早速仕掛けてみた。

  第1図以下の指し手
 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀 △8六歩
 ▲同 歩 △同 角 ▲8八飛 △8五歩
 ▲6六角 (第2図)

 ▲5五歩△同歩には単に▲同銀の方が良い場合が多いようだ。△8六歩▲同歩△同角には▲8八飛と回り、△7七角成の筋も6二の銀が浮いているため駒損せずにさばくことができる。
第2図 本譜は△8五歩だったが、そこで振り飛車の教科書通り▲6六角と上がって第2図。

  第2図以下の指し手
       △5三銀 ▲5四歩 △同 銀
 ▲4四銀 △5五歩 ▲4三銀成△同 金
 ▲7七桂 (第3図)

 ▲4四銀を防いで△5三銀はこれくらいか。▲5四歩と打ってやはり銀出を実現し振り飛車好調だが、そこで△5五歩と打つのがなるほどと思った一手。
第3図 筆者は△6五銀▲5五角△5二飛▲5三歩△4四金▲同角△5三角▲同角成△同飛▲8五飛…の変化を読んでいた。難しいところもありそうだが、ミレニアム玉が薄く先手戦える。
 本譜は金銀交換の後に▲7七桂と跳ねておいて第3図。やはり敵玉が薄くなっており、次に▲8三歩以下▲8五桂の狙いもあり不満はない。実戦はここから△5三角だったため、▲8五飛とぶつけて以下相手の錯覚もあり快勝。
 やはり対ミレニアムの▲6六銀型は非常に優秀である。この調子で対居飛穴も上手くいくようになるといいのだが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/93-746e81f8