四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

四間飛車 in C級2組第三回戦(2)

第1図 C級2組順位戦よりもう一局、佐々木-松本戦より。お互いがっちりと銀冠に組み上げ、第1図は先手の佐々木四段が5筋から動いたところ。3一角・4二銀型が悪形だが、引いた銀を再び△5三銀と戻るわけにもいかない。ここから後手の松本五段は習いある手筋で反撃する。

  第1図以下の指し手
       △8六歩 ▲同 角 △8八歩
 ▲7七桂 △8九歩成▲1五歩 △同 歩
 ▲同 飛 △1四歩 ▲6五飛 △8三飛
 (第2図)
第2図 飛車の横利きが消えた瞬間に△8六歩が良くある筋。▲同歩は△8八歩でしびれる。本譜の▲同角にも△8八歩▲7七桂△8九歩成とと金を作るが、この瞬間が甘い。
 1筋の歩を交換して手順に▲6五飛と回り、飛車の成り込みを先手は狙う。△8三飛と受けられて後続が難しいようだが、今度は先手が見事な手筋の一着を見せた。

  第2図以下の指し手
 ▲5二歩 △2二角 ▲2五歩 △9九と
 ▲1五歩 △同 歩 ▲2六銀 (第3図)
第3図 ▲5二歩の垂らしが好手だった。一見すると次の▲5一歩成には△同銀で何でもないようだが、▲3一角成△同金▲6一角が純粋な両取りになってしまう。△8三飛を咎めた格好だ。
 △2二角と受けさせておいて、今度は▲2五歩から玉に直接狙いをつける。攻めに方針を切り替える。▲2六銀と囲いの駒も力強く出動させた第3図では玉頭攻めを見せて振り飛車が充分だろう。以下は攻め合いを制して佐々木四段が勝利、三局目にして片目を開けた。
 第2図の△8三飛が悪手とも思ったが、△5三金の受けも▲5五飛と戻るくらいで次の▲6五桂が味良く先手が指せそうだ。居飛車陣の隙をついて5筋の歩を交換した佐々木四段の着想が素晴らしかったということだろう。逆に松本五段にとっては、玉頭を襲撃される銀冠の負けパターンにはまり、力を出せなかった一局。
 ともあれ、第2図での▲5二歩は非常に印象深い一手であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/92-323815a2