四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 持久戦(2)

第1図 いよいよ今回で後手鷺宮定跡に対する攻防も最終回、前回に引き続き角交換後に持久戦模様となる変化を研究する。前回では第1図より後手は△2二玉~△3二玉と端攻めを受けたが、先手に玉頭を絡められて攻められ非勢を招いた。そこで受け方を工夫してみることにする。

  第1図以下の指し手その2
 ▲1八香 △2三玉 ▲6九飛 △7八角
 ▲1九飛 △6七角成▲1五歩 △同 歩
 ▲同 香 △同 香 ▲同 飛 △1三香
 (第2図)
第2図 △2三玉は顔面受けとでも言うべき一手で、▲6九飛に△7八角~6七角成ともたれておくのが工夫の手順だ。あまりゆっくりしていると左辺からの攻めが間に合ってしまうため、先手も初志貫徹ですぐさま端攻めに出る。以下第2図となって、2三玉型のため飛車が殺されてしまったようだが…。

  第2図以下の指し手
 ▲1四歩 △同 香 ▲1二角 △同 玉
 ▲1四飛 △1三歩 ▲1九飛 △2二玉
 ▲2五歩 (第3図)
第3図 ▲1四歩△同香▲1二角が用意の切り返し。△1三玉は▲1四飛以下詰んでしまうため△1二同玉の一手だが、そこで▲1四飛△1三歩▲1九飛と引いておくのが落ち着いた一手。持ち駒の二枚香を駆使すれば必ず端は破れる。
 △2二玉は▲1七香なら△3二玉から早逃げをしてしまおうという意味だが、これには▲2五歩が好手。第3図以下△2五同歩なら▲2四香、△2五同桂も▲同桂△同歩にやはり▲2四香で、飛車成りを実現して振り飛車良しとなる。第1図で▲1八香に△2三玉と工夫の受けを見せるのも居飛車思わしい展開とはならないようだ。
 やはり▲6五歩△7七角成▲同銀には△7九角と打つ方が居飛車は戦えそうである。これに対する振り飛車の正解手は▲6六銀、以下は後手番ということもあり居飛車に苦労も多いが、両者最善を尽くせばいい勝負、と結論づけて本研究にも一区切りつけることにする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/90-9787c354