四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手右銀急戦 ▲8五銀(1)

第1図 今回は第1図より▲8五銀の変化を研究してみることにしたい。その局面が第2図である。銀がそっぽに行き一見すると筋の悪い指し手であるが、プロの実戦にも何度か現れている。
 ▲8五銀の主張点は、例えば以下△7七飛成▲同桂△7六歩▲同銀△7九飛と第1図で▲6七銀の際と同一手順で進んだ時に、8五の歩を先手が手持ちにしている所にある。またこのことにより▲8六角と打つような筋も生じている。この変化となれば▲6七銀よりも▲8五銀の方が優っているのは明確だが、第2図では居飛車に別の手がある。
第2図  第2図以下の指し手1
       △7六歩 ▲同 飛 △同 飛
 ▲同 銀 △7九飛 ▲7一飛 △8九飛成
 ▲8一飛成△1五歩 (第3図)

 第2図で△7六歩と打たれれば▲同飛の一手。6七銀型ではないので▲7八飛は△6六角と打たれてまずい。7六の地点で飛車交換をして、振り飛車の桂馬を跳ねさせずに△7九飛と下ろせるのが居飛車の主張だ。これには先手も▲7一飛と打つくらいだろう。お互いに桂馬を取り合い、△1五歩と急所の端を突かれて第3図。
第3図 これを▲同歩は△4六銀以下、前回紹介した一直線の寄り筋コースに入ってしまう。振り飛車はどう対処すべきか。

  第3図以下の指し手
 ▲2四桂 △4二玉 ▲7五角 △5三桂
 ▲5六歩 (第4図)

 実は第3図で▲1五同歩の実戦例もある。川上-西尾戦(2004年1月8日・銀河戦)で以下△4六銀に▲4四歩△同歩▲3六桂と進んだが、△5五角と受けられ上手くいかなかった。
第4図 そこで第3図では▲2四桂が手筋の一手。△同歩はもちろん▲2三角で、△同玉▲4一竜となっては居飛車受けが難しい。△4二玉で後続がないようだが、▲7五角の単純な王手がうるさい。△5三角には▲同角成△同金にもう一度▲7五角が悩ましいので△5三桂と受けるが、そこで▲5六歩が巧妙。△同銀は▲5五歩、△4六銀にも▲4七歩からやはり▲5五歩を狙う。難解ながら先手も指せる終盤戦と思われる。
 以上は『振り飛車ワールド 第四巻』での結論。しかし▲8五銀には居飛車側も別の対策を立ててきた。次回ではその研究に移りたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/9-751ff962