四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜王戦本戦 塚田-片上戦詳報(3)

第1図 塚田-片上戦も本日で掲載終了。結論から言うと最後は塚田九段に勝ちがあったようである。事の発端は第1図。
 ここでの△6五香が得した香を使ってさらに駒得を拡大する自然な手と思いきや、片上四段いわく「あっという間にダメにした」大悪手。▲同銀△同桂▲8六角で重い形になっていたはずの先手の駒をさばかせてしまった。この手を境に形勢は先手に傾くことになる。
 正着は△6二香と下から打つ手とのこと。見えにくい筋だが言われてみるとなるほど、という印象である。
第2図 局面は進んで第2図。居飛穴玉もかなり危険だが、本譜は秒に追われて▲7三銀△同金▲同香成△同玉と清算し▲4二竜と迫ったが、△4三金打とがっちり受けられて攻めを催促され負けとなってしまった。
 図では▲5二竜と切るのが正解。△同金引の瞬間に先手玉は詰めろになってしまうが、そこで▲3五角が詰めろ逃れの詰めろ+竜取りで塚田九段の勝ちが決まっていたようだ。角が自陣にも利き、△8八竜以下の詰み筋を防いでいる。筆者などが実戦でこの三手一組の決め手を指すことができたらさぞかし爽快だろう。
 竜王戦観戦記が二局連続四間飛車となり個人的には満足である。残すは森内-片上戦だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/89-c67d2802
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。