四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲6六銀型の熟練度を上げる

第1図 ネット将棋の実戦で再び第1図が出現した。先日は△5四歩と打たれたが…。

  第1図以下の指し手
       △8五飛 ▲6五歩 △5四歩
 ▲同 銀 △同 金 ▲同 飛 △6五飛
 ▲6七歩 (第2図)

 △8五飛に対する▲6五歩は竜王の居飛穴本で最善と言われていると述べられていた手だ。△5四歩以下第2図まではやはり本通りの手順で居飛車大変と記されているが、ここから後手も実戦的な手段を見せる。
第2図 
  第2図以下の指し手
       △4三銀打▲8四飛 △7三桂
 ▲8二飛成△8五飛 ▲7三竜 △6五歩
 ▲5五角 △5四歩 ▲7六竜 (第3図)

 △4三銀打が穴熊らしい一着。5五の銀と4三の金を交換した形ではとにかくこの銀打ちが急所のようだ。▲8四飛に△7三桂と逃げられる手が見え見えのため、秒読みの中▲7四飛も検討したが結局採用せず。ただし▲8二飛成に△8五飛の疑問手を誘ったため結果的には吉と出たか。
第3図 △8五飛のぶつけに▲7三竜と取り、△6五歩▲5五角△5四歩に▲7六竜がぴったりで、後手の飛車成りを阻むことができた。以下△5五歩▲8五竜と取り合いになるも、駒得ということもありさすがに振り飛車が指せる展開だろう。本譜はこの後ヨレたものの制勝。
 この形にも少しは慣れてきた感があるが、勝利を得るためのツボを自分なりに掴むにはまだ程遠い。当面は先手なら▲6六銀型、後手なら△5四銀型で千日手も辞さず、のツープラトンシステムで難敵居飛穴に立ち向かうことになりそうである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/88-ffc119ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。