四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 持久戦(1)

第1図 今回より第1図で後手が△7九角と打たず、持久戦模様になる変化の研究に移る。実戦でも居飛車が角打ちを見送ることが意外に多く、筆者も何度か経験のある形である。

  第1図以下の指し手
       △4四歩 ▲4七金 △8二飛
 ▲3六歩 △4二金直▲2六歩 △4三金右
 ▲3七桂 △2四歩 ▲2七銀 △3三桂
 ▲3八金 △7三桂 (第2図)

 △4四歩に対して、先手は角打ちを消して▲4七金と上がる。
第2図
 以下はお互いに玉形の整備が続く。第2図の△7三桂はもっと早く跳ねてくるかもしれないが、その際△6五桂▲同飛△7八角の筋は▲9八角で受かる。ただし▲9八香と上がる、もしくは▲9六歩と突いた場合(自戦記を参照)は攻めが成立してしまうので充分注意されたい。
 第2図から先手はどのように動くべきか。

  第2図以下の指し手1
 ▲1八香 △2二玉 ▲6九飛 △3二金
 ▲1九飛 △6五桂 ▲6六銀 △6四歩
 (第3図)
第3図
 ▲1八香以下、地下鉄飛車の構想で端に狙いをつけるのが打開策だ。居飛車も△2二玉~△3二金と備えるが、やや薄い印象は否めない。
 △6四歩と桂にヒモをつけた第3図では後手にも△8六歩や△8八角の狙いがあるが、先手が先制攻撃を仕掛ける。

  第3図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △同 香
 ▲同 飛 △1四歩 ▲1九飛 △8八角
 ▲6五銀 △同 歩 ▲2五歩 △同 歩
 ▲2四歩 (第4図)
第4図
 ▲1五歩△同歩▲同香に△1三歩も考えられるが、▲2五歩△同歩▲2四歩と垂らしておいて、次に▲1三香成△同香▲1四歩△同香▲同飛△1三歩に▲2三香、あるいは▲6五銀~▲2三桂のような攻めを見せて振り飛車が指せる。
 本譜も香交換後にいったん▲1九飛と引くことになるが、やはり▲2五歩△同歩▲2四歩が厳しい。第4図では左辺に遊び駒も多く、居飛車は支えきれそうもない。
 次回では第2図に戻って、端攻めを違う形で受ける手順を調べてみたい。本研究も次で最終回の予定である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/87-b47be9e6