四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

竜王戦本戦 塚田-片上戦詳報(2)

第1図 昨日に引き続き塚田-片上戦を再検討してみる。今日の朝刊では第1図よりの掲載だが、ここで△6五同桂もあり▲6六銀△6八角成△同金寄▲4六歩以下、互いに飛車を成り合う変化でも居飛車かなり大変とのこと。
 棋譜を並べていた時には一秒も考えなかった、というより一秒くらい考えて「相手の飛車をさばかせてはダメだろう」と思って切り捨てたのだが、熟考するに値する変化だったか。ただし片上四段は「(6五の)桂が質駒になってダメかと思っていた」との感想。筆者も概ね同意である。
第2図 本譜は以下△6五同歩▲7七角△3三桂▲2四飛△同歩と進んで第2図。先日の記事で自然に▲3三角成ではいけなかったのか、という筆者の疑問には「△3八飛で大したことがない」との簡潔な叙述あり。むしろ問題は第2図以下▲2三角△4三飛▲3四角成△3八飛▲6八金引に△6六歩の軽妙手を許したことにあり、▲3四角成の代わりに▲1二角成△3八飛に▲7九香と打って戦うのがよかったと述べられている。▲3三角成と自然に駒を取る手がなぜいけないのか、という疑問が▲1二角成というやはり自然に駒を取る手によって解消されたような気がした。
第3図 第3譜は第3図までの進行だが、重い形にさせて振り飛車充分の展開になってきたと結ばれている。△5二角と打たされたつらさには何も言及されていないが、「重い形」とは7七の角が働かないことを指していると想像され、それならば5二の角とも見合いだというニュアンスを言外に秘めているのだろうか。
 逆転勝ちの様相を呈しているようだがどこで形勢がひっくり返ったのか分からない、どころか仕掛け以降は振り飛車ペースに終始していたというわけなのか。それとも今後居飛穴良し、あるいは勝ちの場面があったのか。明日以降にも期待するとしよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/86-aa7cf90e