四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に浮き飛車で戦う

第1図 筆者の実戦より。居飛穴に対して浮き飛車に組むことができたものの、8四歩・7二飛型に構えられて歩交換を拒否されたのが悩みどころ。先手なので▲8六飛△8二飛▲7六飛△7二飛…の揺さぶりも利かない。
 第1図からどのように打開を図るべきか。皆さんにも考えて頂きたい。

第2図 第1図から▲9六歩△同歩▲同香が実戦の進行(第2図)。9筋の突き越しを咎める意味でもこれしかないと思った。
 対して△9三歩や△9四歩なら一歩手にして振り飛車に不満はない(後者の場合は▲同香△同香▲9五歩を決行するかもしれないが)。本譜は△9五歩だったため、以下▲同香△同香▲同角△9二香▲7七角△9八香成に▲9六飛と回ることができ、△8九成香に▲9一飛成と一方的に飛車がさばけるという望外の展開となった(第3図)。
第3図 
 第1図の△9五歩は結果的に疑問か。似たような形で△9三桂と跳ねる手をずいぶん前に森下先生が指していたような気がする。
 ただしいずれにせよ、浮き飛車に組ませてくれる相手が激減したためこの先それほど役に立つ知識というわけではないのだが…。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/84-f6d79f4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。