四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜王戦本戦 島-川上戦詳報

第1図 先日当ブログ記事でも紹介した竜王戦本戦の島-川上戦。その観戦記がいよいよ佳境に入った。やはり第1図での△8三銀は「非凡な一着」として着目されているが、これではっきり先手が不利になったというわけではないと記されている。
 本譜の▲3五歩に替えて▲6七金寄が正着とせんすぶろぐでも紹介されていたが、以下△5五歩▲5七角△5六歩▲6六角△7二銀左▲2一馬△4六飛▲5四馬△4五桂▲5五馬△7三桂▲5八歩が具体的手順とのこと(参考1図)。
 △5五歩は急所の攻めながら、先手角の活用と引き替えになるのが微妙なところ。
参考1図 ▲6七金寄には単に△7二銀左、あるいは△7二金が手順のように筆者には思えるのだが。参考1図は振り飛車側をもってむしろ自信がないくらいかもしれない。
 第1図に戻って実戦は以下▲3五歩に△5五歩。そこでの▲3四歩が「致命的な失着」、代替手順として▲5五同歩△5八歩▲6七金寄△5九歩成▲同角△4六竜▲4四歩△同竜▲6八角でまだ大変な将棋と述べられている(参考2図)。
 確かに▲3四歩が敗北を決定づけた悪手なのかもしれない。しかし実戦心理の観点から鑑みるとどうだろうか。
参考2図  直前に▲3五歩と突いた以上、次に▲3四歩と取り込むのは手の流れを継承して当然であり、プロレベルならば分かっていても他の手は指せないとも思える。島八段は第1図での▲3五歩を「アホでした。一手の価値がなかった」と悔やんでいたそうだが、参考2図のような展開になったとしても一手の価値に乏しいことに大差はないのではないか。
 とすればやはり、真に悔やむべき失着は直接の敗因である▲3四歩よりも▲3五歩のはずだ。先の記事で「▲3五歩以下の攻めはいかにも遅い」と書いた手前もあり、筆者はそう感じるのかもしれないが。
 
 いずれにせよ、明日の第7譜で終局まで辿り着くことが濃厚であるが、島八段の左美濃採用に至る真相は謎のままで終わりそうである。もちろん当の本人が何も語っていないのであれば、観戦記者の立場であろうと全ては憶測の域を出ることはないわけだが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/83-56fb7bc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。