四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

研究中の戦形を再び指す

第1図 今回も先手四間飛車対後手鷺宮定跡の実戦より。とは言っても角交換後に△7九角と打たずに駒組を進める、次回研究で紹介予定の形である。
 藤井九段の『四間飛車の急所2』には3筋か5筋の位を居飛車は取るべきと書かれていたが、筆者が先手ということもあり位を保ちつつ銀冠に組むことができている。振り飛車満足のように見える第1図、しかし先手陣には意外な欠陥があった。後手の立場に立って咎める手を考えて頂きたい。

第2図  第1図以下の指し手
      △6五桂 ▲同 飛 △7八角 
▲9八角 △8六歩 ▲同 銀 △8八歩
(第2図)

 △6五桂~△7八角は部分的にはよくある筋。▲9八角で受かっているようだが、△8六歩と突かれて愕然とした。9六歩型のため▲8六同歩には△9六角成がある。本譜の▲同銀も△8八歩と打たれて一本取られた形に。互いの玉と反対側の端歩の突き合いは、対先手鷺宮定跡で四間飛車側をもってプラスに働く変化があるが、本局は逆に居飛車に利をもたらしてしまった。
第3図
 12手進んで第3図。飛車角をさばいて戦況は好転しているが、ここでまた方向違いの手を指してしまう。

  第3図以下の指し手
 ▲8一飛 △4一桂 ▲9一飛成△9七角成
 ▲5五歩 △6四馬 ▲6一竜 △8八飛
 (第4図)

 ▲8一飛はいかにも工夫がない。△4一桂と使わせたはいいが、かえって堅くなっている。
第4図 第3図では▲1五歩が正解。△同歩なら▲1三歩と垂らす。△1六桂の反撃はそれほど怖くない。飛車打ちを含みに端を攻め、玉が4一~5二と逃げた時に8五の銀を活用して挟撃態勢を取る、そのような構想を描くべきだった。
 手順に△6四馬と引かれてしまい、△8八飛と下ろされた第4図は振り飛車がいけない。以下△4五歩と急所を攻められ惨敗模様だったが、最後は後手玉をトン死させて辛勝。
 緩手どころか悪手になってしまった▲9六歩。角交換に端歩を突くな、とでも覚えておきたい。加えて▲1五歩の攻めも常に念頭にと、両側の端に関して得るものがあった一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/82-70ad8f07