四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音にうるさい視聴者

 日付の上では既に日曜ということでそれにちなんだ話題を。
 筆者は昨年末ごろから数年ぶりにNHK杯将棋トーナメントを見るようになったという怠けた将棋ファンであるが、昔の記憶にある番組と比べてどこか違和感がある。しばらく分からなかったその原因が、最近になってようやく判明した。それは「音」である。
 対局者が着手した時の澄んだ駒音。棋譜読み上げの女流プロ(安食さんともずっとご無沙汰だがお元気そうで何よりである)の声。そのはざまに、何やらカチャっという音が聞こえてくるのである。
 おそらくは記録係が持ち時間を管理するために用いているチェスクロックのボタンを押す音であろう。静謐な対局場に響き渡るそれが、筆者にはどうも耳障りでならない。
 テレビ対局を観戦する醍醐味は、リアルタイムで自分自身も目の前の将棋についてあれこれ考えるのもさることながら、対局者の細かな仕草や息遣いを味わえる点にもある。
 その妨げや、読み上げの声を聞き落とす要因になりかねないチェスクロックの音はいかにも無骨だ。ボタンを押す音も静かなストップウォッチの使用を求めたい所存であるが、このような点にまで着目して将棋番組を見ているのは筆者だけなのであろうか。
スポンサーサイト

コメント

わかります

ハゲしく同意

  • 2005/06/06(月) 03:57:21 |
  • URL |
  • godafone #-
  • [ 編集]

意見が合った

いつから記録係はチェスクロックを使うようになったのだろうか?

  • 2005/06/07(火) 00:50:23 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/8-a121000e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。