四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

研究中の戦形を指す

問題図 鋭意研究中の先手四間飛車対後手の鷺宮定跡となり問題図。銀を交換して▲5五角と出た手に対し、居飛車が△7三桂と受けたところである。8筋の突き捨てが入っておらず既に振り飛車が指しやすそうだが、ここで筆者の指した手を考えて頂きたい。それほど難しくはないと思う。

正解図 4四の歩をあえて角ではなく、手数をかけて歩で取りにいく▲4五歩が正解。このまま▲4四歩~▲4三銀が実現すれば上から叩き潰すことができる。
 本譜は正解図から△7九飛と打ってきたため▲6七角で捕獲体制に入り、以下△8六歩▲8八角△4九飛成▲同銀△8七歩成▲4四角△3三銀▲6六角と進んで第1図。
 結果的に▲4四角と歩を取ることになったが、図でも次に▲4四歩の突き出しが厳しい。8筋は突破されたものの二枚角のスクラムで意外と隙がなく勝勢となった。
第1図 本譜は出来すぎの感があるが、正解図の▲4五歩が相手を焦らせる効果もあったように思える。定跡形で定跡外の手を指されると、特に30秒将棋では混乱して間違えることの多い筆者ではあるが、今回はまともに対処できた一局。これも研究の成果と言えなくもないだろう。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/79-7ea7ce62