四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

△4四銀(▲6六銀)型に対する疑問

第1図 ネット将棋の実戦より。第1図は居飛穴が松尾流に組もうとしたところを、筆者が▲5五歩と仕掛けて戦端が開かれたところ。あの定跡形だな、と一目で分かった方は鋭い。相違点は振り飛車が先手なので▲1六歩と突いてあるところ、これは得にはなれど損にはならないはずだ。
 竜王の本によると、第1図では△8五飛が最善とのことだが…。

  第1図以下の指し手
       △5四歩 ▲同 銀 △同 金
 ▲同 飛 △4三銀打 ▲7四飛 △4五歩
 (第2図)
第2図 
 △5四歩は予想外。単純に金銀を交換し、△6五銀の両取りには▲8四飛や▲7五角が用意されており指せるはずだが、実戦の△4三銀打はいかにも穴熊らしい一手。
 ▲7四飛では▲6四飛が優るか。理論上は攻めの銀と守りの金の交換で振り飛車成功のはずだが、△4五歩と突かれてみるととてもそんな気はしない。

  第2図以下の指し手
 ▲3三角成△同 銀 ▲4五桂 △4四銀左
 ▲7二飛成△8三角 (第3図)
第3図 
 ▲7四飛~▲7二飛成と飛車を動かしたせいで△8三角と打たれてしまった。第3図以下▲8一竜△4七角成▲8六竜△4六馬▲3七金△4五馬と進み、形勢は難しいのかもしれないが穴熊ペースの雰囲気は否めない。以下受け切れず負け。
 ▲6四飛や▲6二飛成としても△4五銀~△7三角のようなラインに入るのだが、どのあたりが修正個所なのであろうか。第1図の△5四歩に▲2五桂と跳ねて別の展開にするのか、あるいは第2図で角交換を拒否するか。それくらいしか思いつかないのだが。

 筆者には対居飛穴の△4四銀(▲6六銀)型は優秀な形とは思えない。指しこなせていないだけだと言われればそれまでだが、手詰まりになりやすいという点を気にしなければ△5四銀型の方が戦いやすいように思える。本譜は先手なので半ば仕方なく▲6六銀型を採用したのだがこの有様。
 表題には疑問と書いたが、不信感と表現したほうが的確かもしれない▲6六銀型に何か光明を見出さない限り、居飛穴対策は不安を残したままである。浮き飛車を使いづらくなって以来、筆者の試行錯誤は続く。
スポンサーサイト

コメント

5四歩には2五桂で先手よしが定跡だったと思います。本譜の4三銀打はいい手ですね。4三には銀がいるほうが後手陣は堅いです。

  • 2005/08/13(土) 08:23:15 |
  • URL |
  • せんす #-
  • [ 編集]

やはり▲2五桂が鍵でしたか。第1図以前に跳ねる手順も有力そうですね。△4三銀打で3二の金にヒモをつけられて本譜は困りました。
この形に詳しいせんすさんの意見は参考になります。どうもありがとうございます。

  • 2005/08/14(日) 23:43:23 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/78-a42532b3