四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(5)

第1図 前々回と前回では第1図から△6八角成と飛車を取って攻める順を研究してみたが、振り飛車の反撃を受けて形勢は思わしくなかった。そこで今回は別の手を調べてみる。

  第1図以下の指し手2
       △4四歩 ▲5五歩 △同 歩
 ▲同 銀 △6八角成▲同 金 △5四歩
 ▲6六銀 (第2図)

 △4四歩と突いて、予め振り飛車の攻めに備える手は考えられるところだ。
第2図 先手は▲5五歩と突く。単なる一歩交換が狙いのようだが、△5五同銀▲同銀に手拍子で△5四歩と打つとすかさず▲7八飛がある。5五の銀で4六歩にヒモがつき、角が死んでいるのを確かめて欲しい。
 そこで▲5五同銀の瞬間に△6八角成を決め、△5四歩▲6六銀と収めて第2図。ここから居飛車はどのように戦うべきか。

  第2図以下の指し手
       △8二飛 ▲7七角 △4三金
 ▲5五歩 △同 歩 ▲4五歩 △同 歩
 ▲5五銀 (第3図)
第3図
 手持ちの飛車を打つ場所がない後手は、盤上の飛車を△8二飛と活用する。▲7七角は受け一方ではなく攻めにも働くのは言うまでもない。△4三金と上部に備えるが、それでも▲5五歩と再度合わせる。△同歩の一手にさらに▲4五歩。次に▲4四歩~▲5五銀となってはまずいのでこれも取るしかない。そこで▲5五銀と出て第3図。

  第3図以下の指し手
       △5四歩 ▲同 銀 △同 銀
 ▲1一角成△2二銀 ▲8四香 (第4図)
第4図
 次に▲4四歩~▲5四角の強襲を受けてはまずい。△5四歩と受けるしかないが、そこで▲同銀から▲1一角成と攻め立てる。△2二銀と受けられて後続手段がないようでも、そこで▲8四香が痛烈。△同飛なら▲2二馬△同玉▲6六角の王手飛車取りだ。以下飛車を取って駒の損得自体はないものの、玉形の差と先手の角が攻防に利くため振り飛車が良い。
 また第4図で△7二飛にはいったん▲1二馬と逃げておき、これも次に▲8一香成や▲6一角の狙いがある振り飛車の指せる将棋となる。
 第1図で△4四歩も居飛車がうまくいかないようだ。次回ではさらに別の手を調べてみることにしたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/72-f64451ab