四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(4)

第1図 今回も▲6六銀型に対して、△6八角成▲同金と飛車を取って△8七飛と打ち込む変化を研究する。第1図はそこで▲7七角と打った局面だが、前回のように△8九飛成と桂馬を取るのは▲7八角と竜を殺され、以下先手の強襲を受けてうまくいかなかった。そこで今回は△8二飛と回る手を検討してみる。

  第1図以下の指し手2
        △8二飛 ▲7八角 △8六飛成
 ▲同 角 △同 飛 ▲5五歩 △同 歩
 (第2図)
第1図 先手も初志貫徹で▲7八角と飛車を取りに行く。△8六飛成のところでは△8六飛上もあり後述する。本譜は自陣を睨む7七の角と飛車を交換した方が優るという居飛車の考えだが、7八の角にも▲5五歩で喝が入った。△8八飛成では▲5四歩△同銀▲5五歩で銀が死ぬためいったん△5五同歩と取り第2図。前回と同じように振り飛車は攻める。

  第2図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △1二歩
 ▲同香成 △同 香 ▲1三歩 △同 桂
 ▲1一飛 (第3図)
第3図
 ▲1五歩△同歩には単に▲同香が正しく、ここで▲1三歩と垂らすのは△2四角で攻めが続かない。△1五同香は▲1二飛から香車を取り返して先手良しなので△1二歩と辛抱するが、▲同香成~▲1三歩と激しく迫る。△1三同桂は最強の応手だが、▲1一飛と打たれた第3図では4一金型のため△2二玉の受けが成立しない。

  第3図以下の指し手
       △2一角 ▲1四歩 △2二玉
 ▲1三歩成△同 香 ▲同飛成 △同 玉
 ▲8七香 (第4図)
第4図
 △2一角ではいかにも苦しいが仕方ない。▲1四歩に△2二玉で飛車は取られる格好だが構わず▲1三歩成。△1一玉なら▲1四歩で寄り筋に近いので△同香だが、ここで▲同飛成と香車の方を取り、▲8七香で飛車を殺すのが正しい手順。第4図となっては陣形の差があまりにも大きく振り飛車良しである。結果的には4一金型を咎めるとともに先手の利点を活かすことができた。
 ここで再掲第1図に戻って、先ほど述べた別の手順を調べてみる。
再掲第1図  第1図以下の指し手3
       △8二飛 ▲7八角 △8六飛上
 ▲8七角 △同飛成 ▲8八歩 △8二竜
 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀 △5四歩
 ▲6六銀 (第5図)

 △8二飛▲7八角に△8六飛上が居飛車の工夫。ただし竜はできるが7七の好所に角が残るため一長一短だ。▲8八歩△8二竜で桂取りを防ぎ、先手は早速▲5五歩と攻めにかかる。
 これには後手も素直に応対する。▲5五同銀に△5四歩もこの一手だ。
第5図 ここで▲5四同銀△同銀▲1一角成は考えられる。居飛車が先手で△4二金直(▲6八金直)が入っている場合は、以下△2二銀に▲1二飛が痛打。これは悪くても振り飛車が千日手に持ち込める。しかしこの場合は▲1二飛に△3一金と受けることができ、この強襲はむしろ4一金型をプラスにしてしまっている。
 そこでおとなしく▲6六銀と引いて第5図。ここでは次に▲5七銀の活用や、一歩を手にしたことによる▲1五歩の狙いがある振り飛車が指しやすいと思う。後手は竜を作ったもののこれといった手が見当たらない。
 △7九角▲6六銀に対して普通に△6八角成▲同金と飛車角交換に持ち込むのは居飛車うまくいかないようだ。次回は別の手段を検討してみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/70-b6bef108
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。