四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

相銀冠、玉頭を巡る攻防

問題図 最近のネット対局より(便宜上先後逆)。相銀冠から攻め合いとなり終盤を迎えた。お互い囲いは崩されており、特に自玉はかなり危険なようだが…筆者の次の一手を考えて頂きたい。

正解図 ▲3四金と踏み込むのが前々からの読み筋。こう指したいがために数手前の△2六歩▲同金△3四桂に▲3五金と強く斜めに上がった。下段がスカスカで二枚飛車の攻めがいかにも怖そうだが、実戦は▲3四金以下△4八馬▲同銀△2九飛▲1七玉△1九飛成▲2六玉△2九竜右▲2七金と進んで第1図。
 手厚い上部に逃げ出した自玉は容易には捕まらない。とはいえ第1図で△3三香ならまだ難しいが…、本譜は△3三歩。そこで秒に読まれつつも指した手が結果的には決め手となった。
第1図 第1図以下△3三歩に▲2三金打とさらに踏み込む。これを△同金と取るのは▲同金△同玉に▲4一角で詰み。実戦はこの進行となり筆者の勝ちとなった。
 ▲2三金打には△3一玉と逃げるしかないが、▲3二金△同玉に▲2三金とすり込むことが出来る。△同玉と取れば▲4一角で前述の変化に戻り即詰み、△4一玉でも△4二玉でも▲7三馬と挟撃態勢を取れば後手玉は受けなし、自玉は△1六竜と迫られても▲3五玉で詰まないため先手勝ちである。
 銀冠愛好家としては満足の一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/68-5cbaf0f8