四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

魅惑の相銀冠

第1図 竜王戦本戦で四間飛車の会心譜を見せた川上五段がNHK杯でも三手目に▲6八飛と振り、対する清水市代女流三冠は最近多用している左美濃でこれを迎え撃った。第1図の振り飛車陣は一風変わった駒組みだが…。

  第1図以下の指し手
 ▲1八飛 △3三桂 ▲6七銀 △8五歩
 ▲7七角 △3一角 ▲1五歩 (第2図)

 ▲1八飛が先手の趣向。1筋で一歩入手し、あわよくば玉頭から一気に攻め込む狙いだ。
第2図 名著『藤井システム』では△4四銀と普通に応対する指し方が掲載されているが、清水女流三冠の△3三桂が工夫の一着。▲1五歩△同歩▲同飛に△2一玉を用意して1筋の歩交換を阻止している。
 本譜は早々に△3一角と引いたため、第2図の▲1五歩が実現した。居飛車の方針が一貫していない印象を受けるが、先手としても一歩持ってすぐに玉頭戦にするわけでもなく、また端から反撃される恐れもあるだけに善悪は微妙か。ここからさらに駒組みは続き、二十手ほど進んで第3図の局面を迎える。
第3図 先手も結局▲1六歩と打ち直しているが、後手も玉が2三→1ニ→2一と動いている上にいわゆる「四手角」で構えており、振り飛車としても手損している印象はない。

  第3図以下の指し手
       △4二銀 ▲5五歩 △7三桂
 ▲5四歩 △同 金 ▲7五歩 △同 歩
 ▲7四歩 (第4図)

 △4二銀は中央を薄くしてさすがに危険か。すかさず▲5五歩と突かれてしまった。
第4図 以下自然な手順で第4図となっては桂得が確定。以下はじりじりと優勢を拡大して、結果的には川上五段の快勝となった。
 清水女流三冠にとっては力を出せない展開となってしまったが、その一因は左美濃という戦法にもあるのではないか。例えば第3図のような△8四角(▲2六角)型の攻撃陣は居飛車穴熊でもよくある形だが、その場合振り飛車は手数が間に合わず銀冠に出来ないことも多い。仮に第3図で居飛穴に組んでいれば、と考えると天守閣美濃→銀冠という囲いを選択した利点が無いようにも思える。
 やはり対四間飛車の左美濃は勝ちづらいのでは、という筆者の考えがますます深まった一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/67-a7d84f35