四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(3)

第1図 今回からは第1図のように▲6六銀と上がる手を研究する。これまで▲4五歩、▲6六角の変化がそれぞれ思わしくなかった振り飛車にとって、▲6六銀は最後の砦であるとともに最有力、最善の手段であると思う。
 対する居飛車の対策もいくつか考えられる。まずは平凡に飛車を取って攻める手から調べてみたい。

  第1図以下の指し手1
       △6八角成▲同 金 △8六歩
 ▲同 歩 △8七飛 ▲7七角 (第2図)
第2図 △6八角成▲同金と飛車を手持ちにしたものの、すぐに△7九飛・△8八飛はいずれも▲7八角と受けられてしまう。そこで8筋を突き捨て、開いた空間に△8七飛と打ち込む。
 今度は▲7八角には△8六飛成で無事に生還できる。振り飛車困ったようだがここで▲7七角が読みの入った受けだ。

  第2図以下の指し手1
       △8九飛成▲7八角 △同 竜
 ▲同 金 △8九角 ▲6八金 △5六角成
 ▲5七銀 △5五馬 ▲同 角 △同 歩
 (第3図)
第3図 振り飛車の注文通り△8九飛成と踏み込んでみたが、第2図で△8二飛と回る手もあり次回取り上げる。桂馬を取られるものの▲7八角で竜を消し、歩切れの後手には手がなさそうだが△8九角が後続手段。▲8八飛のような受けには△7八角成~△6七金がある。
 そこで▲6八金と避わし、△5六角成に▲5七銀と角道を通しつつぶつけて馬を消す。手番を握った第3図、先手はどう指すべきか。

  第3図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲1二歩 △同 香
 ▲1一飛 △2二玉 ▲3三角 (第4図)
第4図
 手薄な端から手を作るのがこの場合の筋。△1五同歩に単に▲同香と走るのも、△同香に▲1二飛の筋を見せて相当だ。
 しかしここでは直接的に攻めて行く。▲1三歩と垂らすのは△2四角と受けられてはっきりしないため、▲1二歩と叩いて▲1一飛と打つ。△2二玉がぴったりのようだが、第4図の▲3三角がそれを上回る強手だ。△同桂は▲4一飛成なので△同玉と取るしかないが、▲2一飛成の局面は角の丸損でも玉形に差があり過ぎて振り飛車良し。4一金型を見事に咎めた。

 やはり第2図で△8九飛成は先手の術中にはまってしまうようだ。次回は前述の通り△8二飛と回る手を研究する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/66-853af5e3