四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレニアムと戦う

第1図 最近見かけなくなったミレニアムにインターネット将棋で遭遇した。とは言え第1図ではまだ3二玉型で未完成、その代わり右銀を早めに寄せて振り飛車の早い仕掛けに備えている。次の△8六歩が来る前に仕掛けたいところだが…。

  第1図以下の指し手
 ▲5五歩 △同 歩 ▲6四歩 △同 角
 ▲5五銀 △8六歩 ▲6四銀 △8七歩成
 ▲5五角 △7八と ▲同 飛 △8九飛成
 ▲8八飛 △同 竜 ▲同 角 △6四歩
 (第2図)
第2図 ▲7五銀と出るよりは5筋から仕掛けるのが本筋だろう。△5五同歩に▲6四歩と筋っぽく突いたものの、△同角▲5五銀に△8六歩が当然ながら盤上この一手。以下手順は長いが変化の余地は少なく、△6四歩と銀を取った第2図では二枚替えとなり居飛車も指せそうだ。

  第2図以下の指し手
 ▲8二飛 △8七歩 ▲5五角 △5七歩
 ▲6八金 △5六桂 ▲5七金 △4八銀
 ▲5六金 △4九銀不成▲同 銀△6九飛
 ▲3八角 (第3図)
第3図 第2図では▲8二飛と打つくらいか。後手は△5七歩~△5六桂~△4八銀と矢継ぎ早に襲い掛かるがこれは歓迎、桂損する攻めでありさすがに性急過ぎると思う。第3図の▲3八角で両取りもぴったり受かっている。
 とはいえ△4七金ならまだまだ大変だが…実戦は飛車を逃げたため切れ筋に。後に▲8三角成の形になった時に△7一金と打たれて冷や汗をかいた(を通り越して形勢混沌となった)ものの、なんとか制勝。
 第1図に戻って、▲5五歩△同歩には単に▲同銀が優りそうだ。△8六歩なら今度は▲5四歩が入る。筋に溺れて先に▲6四歩を入れたためにややこしいことになってしまった。
 ミレニアムは確かに有力な囲いながら、筆者のように藤井システムにしない四間飛車の場合、▲8八飛(△2二飛)と回る手を強要できないため効果が薄い。特に△5三角型に対しては、図のように▲6六銀型からの速攻が有力と思う。△8六歩▲同歩△同角▲8八飛△7七角成▲8二飛成△6六馬、のように銀を取られる手順は常に警戒する必要があるが、相手の銀が6二に居るうちは怖くない。
 そういう意味では本局の早めの銀移動は工夫が感じられ、参考になった将棋。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/64-42c2163a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。