四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

ダイヤモンドは傷つくけれど

第1図 竜王戦本戦トーナメントの大事な一番、片上四段は後手番で時おり用いる四間飛車を採用した。対する塚田九段は居飛車穴熊で対抗、△5四銀型ではよくある形となり第1図。

  第1図以下の指し手
       △6三銀引▲6八角 △5四歩
 ▲3七桂 △1二香 ▲1八香 △4一飛
 (第2図)

 ここで△6三銀引は珍しい。持久戦相手に有力なダイヤモンド美濃だが、対居飛穴に限って言えばあまり見かけない。
第2図 ▲6八角~▲3七桂と攻撃態勢を整えるが、▲4六歩△同歩▲同銀の仕掛けは△6五歩の反撃が気になる。お互い香車を上がって手待ち模様だが、△4一飛を見て先手は動いた。

  第2図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 角 ▲6五歩 △同 歩
 ▲7七角 △3三桂 ▲2四飛 △同 歩
 (第3図)

 2筋の突き捨てから開戦したが、△2四同歩ならどのように攻める予定なのだろうか。
第3図 本譜は角で取ったため▲6五歩△同歩▲7七角。▲2三飛成の絡みもありこれだけで後手は角成りを受けづらくなっている。片上四段がこの筋をうっかりしたとも思えないが…。△3三桂には▲2四飛と切り第3図、当然次の一手は▲3三角成が予想されるが。

  第3図以下の指し手
 ▲2三角 △4三飛 ▲3四角成△3八飛
 ▲6八金引△6六歩 ▲同 銀 △1八飛成
 ▲6四歩 △同 銀 ▲4三馬 △同 金
 ▲4一飛 (第4図)
第4図 単純に桂馬を取る手を見送り、塚田九段は▲2三角△4三飛▲3四角成と攻めた。飛車は確実に取れそうだが、代わりに3三の桂が取りづらくなっている。
 後手も△3八飛と下ろし、△6六歩の軽手をまじえて△1八飛成と香車を入手する。しかし▲6四歩の手筋で形を乱され、▲4三馬△同金で金も玉から離れることになり、▲4一飛と打たれた第4図ではダイヤモンド美濃の堅陣はバラバラになっている。以下△5二角と打たされるようではいかにもつらそうだが、結果的には後手の片上四段が勝利を収めた。

 手数も比較的長く逆転勝ちの様相を呈しているようだが、だとしても筆者には第4図以降も含めてどこで形勢がひっくり返ったのか分からない。苦しそうな振り飛車にも駒得という主張点があり、実戦は美濃囲いが原型をとどめないほどの猛攻を受けたものの、常に後手が駒得かつ先手は戦力がやや不足気味の印象を受けた。
 片上四段の粘り強い受けは参考になるが、第2図の▲2四歩に△同歩はなかったのか、また第3図で自然に▲3三角成ではいけなかったのか、いくつか疑問の残る一局。観戦記での解説が待たれる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/63-45699565