四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右銀急戦を迎え撃つが…

問題図 ネット将棋の実戦より。研究の成果を確かめる絶好のチャンスと思いきや、いきなり変化されたのが問題図。角交換後の△5五銀なら想定の範囲内だが…。以下の進行を考えて頂きたい。実戦では明らかな疑問手を筆者は放ってしまった。

実戦図  問題図以下の指し手
 ▲6七金 △4六銀 ▲2ニ角成△同 銀
 ▲6四歩 △同 歩 ▲8三角 △8ニ飛
 ▲5六角成△5五銀 ▲3四馬 △3三銀
 (実戦図)

 実戦では秒読みに追われて▲6七金と上がったが、△7六飛▲同金△6七銀の筋もちらつく。本譜は△4六銀だったため、角交換後に▲6四歩~▲8三角と形だけで指してみたものの、馬は作ったが今ひとつ働きがない上に左の金銀二枚が悪形である。以下致命的な見落としもありあっさり負け。
正解図
 問題図では▲6七銀が最善だろう。次に▲5五角の狙いがある。△7六歩▲8八角△4六銀なら角を交換し、そこで▲6四歩~▲8三角と進めれば美濃囲いが健在、▲7六飛で飛車の活用も見込め、本譜より明らかに優っている。
 情けないことに対局中は▲6七銀に△6六銀があると勘違いしていた(当然▲6六同角で銀得できる)。いくら秒読みとはいえ、序中盤で未知の局面に誘導された時の脆さ、対応力の無さはどうにかならないものだろうか。今回は自省の譜。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/62-7def30d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。