四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(2)

第1図 今回も第1図以下の攻防を研究する。前回では図より▲4五歩と突く手を調べてみたが、振り飛車が思わしい展開とはならなかった。そこで今回は▲6六角と打ってみる。

  第1図以下の指し手2
 ▲6六角 △4四銀 ▲3六歩 △4二金直
 ▲3七桂 △8二飛 (第2図)

 ▲6六角に対する後手の受けはいくつか考えられるが、まず△4四歩では即座に▲4五歩と突かれてまずい。
第2図 また△3三桂と跳ねるのはいかにも薄く、▲3六歩△4四歩に▲5五歩と仕掛けられるくらいで居飛車が困っている(参考図)。△同歩▲同角△7三桂などと迂闊に進めると、▲6九飛と引かれて角を殺されてしまう。かといってこの歩を取れないようではおかしい。
 そこで△4四銀と上がって香取りを防ぐのが最善である。▲3六歩に△4二金直と上部に備えられた際に、単に▲4五歩△3三銀▲5五歩は△5三銀で攻めが軽すぎる。▲3七桂と力を溜める一手が必要だが、△8二飛と寄れたのは居飛車にとって大きい。第2図からどのような方針で先手は指すべきか。
第2図
  第2図以下の指し手1
 ▲4五歩 △3三銀 ▲2五桂 △2ニ銀
 ▲8八銀 △6八角成▲同 金 △2四歩
 (第3図)

 第2図から▲4五歩~▲2五桂と勢い良く攻めてみるのはどうか。▲8八銀と引いて角を入手することもでき、次に▲7七角打と打つ攻めが単純ながらも非常に受けにくいように見える。
 しかしこれには△2四歩と突くのが好手で、先手の攻めはこれ以上続かない。
第3図 第3図で狙いの▲7七角打には△2三飛と自陣飛車を投入するのが好手でぴったり受かっている。また▲4六角△7三桂▲2四角と歩を払ってもやはりそこで△2三飛が好手。角を逃げるしかないが△2五飛と桂馬を取られてしまい、いずれも指し切り模様となる。どうやら第2図で単純に攻めるのはうまくいかないようだ。

  第2図以下の指し手2
 ▲4七金 △6八角成▲同 銀 △8六歩
 ▲同 歩 △同 飛 ▲8八歩 △7六飛
 (第4図)
第4図 第2図で▲4七金と上がって△6八角成を催促する手もある。しかし▲6八同銀に△8六歩とされていかにも忙しい。▲8六同歩のところ▲2五桂は△8七歩成▲3三桂成△同桂で居飛車良し。桂頭がいかにも薄いが歩切れの先手に手はなく、一時的な駒損もすぐに解消できる形だ。
 そこでいったん▲8六同歩と取り、△同飛に▲8八歩と辛抱してみる。これには△7六飛と急所の6六角を取りに行くのがわかりやすい。第4図以下▲7七銀△6六飛▲同銀が予想されるが、銀が浮いている先手に対して後手陣はしっかりとまとまっており、手番を握っていることもあり居飛車優勢である。

 第1図で▲6六角と受けるのは振り飛車がうまくいかないようだ。次回は三番目の候補手である▲6六銀の研究に移りたい。四間飛車党の筆者としてはここからが本番である。
スポンサーサイト

コメント

大変勉強になります^^
当ブログでもそのうち△鷺宮の研究に入るところです(笑

  • 2005/07/29(金) 00:33:15 |
  • URL |
  • すなもか #TiSXrBlU
  • [ 編集]

どうもありがとうございます。研究を始めたからというわけではないのでしょうが、実戦でも後手鷺宮に遭遇する機会が増えてきました^^
そちらの研究も楽しみです。

  • 2005/07/29(金) 22:29:53 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/61-4daf4ee6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。