四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新手一生+棋界のプリンス=良著

 将棋界の評論家といえば「老師」こと河口七段が真っ先に思い浮かぶ。ではそれに続く存在はというと誰であろうか。
 『勝負の視点』シリーズでその片鱗を見せた青野九段と並んで、真部八段の名前を個人的には挙げたい。その真部先生が『将棋世界』に連載している『将棋論考』が、このたび一冊の本にまとまり出版される運びとなった。
 ただしタイトルは題して『升田将棋の世界』。升田先生の名局・好局を収録した著作としての面が主に押し出されており、日本将棋連盟での紹介では「棋界の話題を取り上げた「将棋論考」の書き出し部分も楽しめる」とあたかもオマケのような扱いをされているが、筆者としてはその「オマケ」の箇所が目当てである。
 対局中の実戦心理や大盤解説のあり方に対する推察を皮切りに、将棋以外にも当時の世相を反映した記事やチェスのディープブルー対カスパロフ戦のいきさつなど、多岐に渡る題目のそれぞれに対して、真部八段の鋭い視線が注がれる『将棋論考』。眼高手低という言葉があることからも分かる通り、何事においても批評する能力と実際に批評の対象となっているものを自らの手で為す、あるいは創作する能力とは必ずしも一致するものではない。
 宿患に悩まされたこともあり、A級在位二期を数えるもののタイトル獲得経験は無い真部八段は、棋士としては一流とは言えないかもしれない。しかし評論家としては一流であることは、『将棋論考』における批評眼の鋭さと確かさ、そしてそれを裏打ちする豊かな教養を見れば明らかである。
 もちろん本題とされている升田将棋に対する考察も、当時の駒組みの定説や流行の解説などを交えて澱みないものに仕上げられている。中身の濃い論考に至芸の升田将棋が加わり、一粒で二度おいしい良著と言うべきであろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/60-7b737d71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。