四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手右銀急戦 ▲6七銀

第1図 いよいよ本格的に先手四間飛車対後手右銀急戦の研究に入りたいと思う。前回第1図で四間飛車には三つの選択肢があると述べたが、まずは▲6七銀から調べていきたい。

  第1図以下の指し手1
 ▲6七銀 △7七飛成▲同 桂 △7六歩
 ▲同 銀 △7九飛 ▲7一飛 △7七飛成
 ▲6七角 (第2図)

 △7九飛と降ろした手に、▲6七銀△7七飛成▲6六角の筋がないのが居飛車の主張点だ。
第2図 そこで▲7一飛△7七飛成と進め、▲6七角が銀にヒモをつけつつ後の▲3四角を見る攻防の一手。これが好手で振り飛車後手番の変化では四間飛車有望だが、先手番では2八玉型がかえって当たりがきつくなるので不満とされている。

  第2図以下の指し手
       △7九竜 ▲8一飛成△1五歩 
 ▲同 歩 △4六銀 (途中図)
 ▲4七歩 △1八歩 ▲同 香 △3七銀成
 ▲同 玉 △1九角 (第3図)
第3図 ▲7八歩△8八竜を決められると竜が一瞬そっぽの上に7六の銀が楽になるため、平凡に△7九竜がこの場合の最善。そして▲8一飛成に△1五歩が鋭い。歩切れの端攻めのようだが▲同歩に△4六銀が後続手段で、以下はあっという間に寄り筋となってしまった。この流れるような手順は『振り飛車ワールド第四巻』の千葉先生の講座で触れられていたものである。△1八歩以降は変化の余地はない(△3七銀成は桂でも玉でも取れないのを確かめて欲しい)。
第3図 変化するならその前ということになるが、△1五歩や△4六銀の後に▲3四角と出て受けに駒を使わせても7六の銀取りが残る。▲8一飛成に替えてすぐ▲3四角では持ち駒に桂もなく攻め駒不足である。
 筆者の知る限りプロの実戦でも第1図で▲6七銀と指された例はない。玉が2八にいるが故に上記のいっぺんに寄せられる変化が常に付きまとい、先手番が得どころか損になっているのを嫌っているのであろう。
 今回の研究でも、第1図で▲6七銀は四間飛車が面白くないと結論づけ、次回では▲8五銀の変化を調べてみることにしたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/6-448d14de