四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

左美濃かく戦えり

第1図 C級2組順位戦第二回戦よりもう一局取り上げる。佐々木四段の四間飛車に対して、村田四段は左美濃+5筋位取りという趣向を見せた。双方銀冠に組み上げ持久戦となった第1図は、振り飛車が5筋で一歩を手にしたのに対し、居飛車も4筋の歩を交換したところ。後手はここで仕掛ける。

  第1図以下の指し手
       △9五歩 ▲同 歩 △9六歩
 ▲同 銀 △9五香 ▲同 銀 △9四歩 
 ▲8四銀 △同 銀 ▲8七金 (第2図)
第2図 端を攻めるのはこの形での急所。△9六歩の垂れ歩を▲同銀と取ったものの、△9五香▲同銀△9四歩で銀が死んでしまった。▲8四銀△同銀と相手の形は乱したが、第2図では駒損の上に先手の玉形が乱れており振り飛車が良さそう。しかしここで具体的にどう指すか。

  第2図以下の指し手
       △7五歩 ▲同 歩 △同 銀
 ▲7九香 △7七歩 ▲同 香 △5五角 
 ▲5八飛 △5七歩 ▲1八飛 △7七角成
 ▲同金上 △8三香 ▲7六歩 △8四銀
 (第3図)
第3図
 7筋から攻めを継続したものの、▲7九香と攻防に据えられてはかえって忙しくした感がある。そこで△7七歩~△5五角と角を飛び出したはいいが、△7七角成と切るようではいかにも変調だ。△8三香にも▲7六歩△8四銀といったんは後手を引くことになって第3図。
 以下も難しい戦いが続いたが、最後は1八の飛車で後手の7八の銀を取り、△同歩成に先手が即詰みに討ち取るという形で村田四段の勝ちとなった。佐々木四段はこれで連敗と厳しい展開に。第2図のあたりでは到底居飛車が良かったとは思えないのだが。

 第2図で△7五歩▲同歩に△8五歩はなかったのだろうか。▲同歩△7五銀に▲7九香なら△8六歩が入るため本譜とは全く話が違う。しかし▲7九香ではなく普通に▲7六歩と打ち、△8六歩▲7五歩△8七歩成▲同玉の展開はかえって玉を広くしてお手伝いか。
 あるいは第2図で△9一飛のような手でじっと力を溜めるのはあるかもしれない。いずれにせよ実戦は一気に攻め込むという雰囲気でもなく、やや中途半端な手順を選択してしまったように見える。
 棋譜を並べていて感じるのだが、プロ間では四間飛車に対する左美濃の採用率が意外にもそれなりに高い。しかし本局の第2図、第3図の玉形だけを見て判断するのみならず、いかにも苦労して戦っているという印象を総じて受けるのだが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/59-be15ba70