四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

銀冠には組めるが…

第1図 筆者の最近のインターネット対局より(便宜上先後逆)。居飛穴に対して筆者は▲5六銀型で対抗、第1図は3筋交換に対して▲3六歩と収めたところである。この形は銀冠に組めるのでこちらとしても不満はない。
 通常はここから△8ニ飛と戻して△7五歩の仕掛けを狙うのだが、本局は別の構想を見せてきた。相手側の立場に立って考えて頂きたい。

第2図  第1図以下の指し手
       △8四角 ▲3八金 △7三桂
 ▲1五歩 △6二飛 ▲8八角 △3ニ金
 ▲9六歩 (第2図)

 △8四角以下居飛車は6筋からの攻撃態勢を築いてきた。▲8八角の備えに対して△3ニ金と上がるのが4一金のまま動きを保留していた理由か。創意工夫が感じられる駒組みである。
 この形で△6四歩▲同歩△同銀と仕掛けるのは、▲4五歩の反撃があり面白くないと一般には言われている。
参考図 しかしその定説がこの場合も当てはまるかどうかと問われれば疑問だ。△6四歩▲同歩△同銀▲4五歩に△同歩なら▲4四歩とくさびを打ち込むことができる。しかし△6六歩と打たれ、▲同角△5五銀▲同銀△同歩▲6七歩△6六角▲同歩に△6七歩と打つことができるのが、3筋の歩を切っておいた成果だ(参考図)。
 ▲6七同飛は△7八角や△5八銀が嫌味、かと言って▲4八飛と逃げるのは△6六飛と走られて▲4四歩△同金▲5三銀のような筋を消されてしまう。これはもしや相手の研究範囲かと内心気が気ではなかった。
第3図 実際には第2図からの仕掛けは見送られ、双方手待ち模様となり第3図へと進む。▲6九飛と引いた手では▲4七金直と戻しておくほうが無難か。というのも実戦はここから△6四歩▲同歩△同銀と来られ、▲4五歩以下は先程紹介した参考図に至る手順通り進み、▲6六同歩と角を取り返した手に△7八角と打たれる手が生じたからだ。以下▲2九飛△6六飛のような展開は自信がなかった。
 本譜は▲6六同歩に△4五歩と手を戻して来たため▲5ニ銀。そこで形勢を悲観し過ぎたか、あるいは急用でも出来たか相手は投了してしまった。

 3筋交換+6筋からの仕掛けという趣向を居飛穴が見せた本局。前者は銀冠に組める、後者は▲5六銀(△5四銀)型に対しては不優秀、というそれぞれの理由で個人的にはありがたく感じる。しかしその二つが組み合わさればたちまち未知の世界であり、そこには研究の余地があると感じた一局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/58-1418c49c