四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲6五歩(1)

第1図 今回より△7二飛に対して第1図のように▲6五歩と突く手を研究してみたい。先手鷺宮定跡の場合はこの手に対して居飛車有利が確立されているが、後手番で△4二金直の一手が入っていない場合はどうであろうか。
 第1図から△7七角成は当然の一手。対して▲同桂と取るのは、△8二飛▲6九飛△2二角くらいでも振り飛車が良くならない。元々居飛車良しの定跡に踏み込んでいるだけに、4一金型を咎める展開に持ち込んでその結論を覆す必要が先手にはある。そこで▲7七同銀と取り、△7九角と打たれて第2図。
第2図 角を打たない変化は回を改めて研究する。第2図では▲4五歩・▲6六角・▲6六銀の三つの手段が考えられるが、順を追って解説していく。

  第2図以下の指し手1
 ▲4五歩 △4二金直▲6六角 △3三桂
 ▲3六歩 △8ニ飛 (第3図)

 △4六角成の筋を避けつつ▲4五歩と突き出すのは味の良い一着だ。対して△4二金直と備える一手が居飛車は必要であり、ここで先後の差が如実に表れる。
第3図 第3図の△8二飛に代えて△7一飛と引き、香車にヒモをつけて△4五桂(▲6五桂)と跳ねるのが鷺宮定跡の切り札とでも言うべき指し方。しかしこの場合は▲3七桂が間に合うため成立しない。振り飛車が先手番の得を活かしている展開と言えるが、ここからどう指すべきか。先手としては居飛車の薄い桂頭を狙いたいところだが…。

  第3図以下の指し手1
 ▲3七桂 △7三桂 ▲8八銀 △6八角成
 ▲同 金 △6五桂 (第4図)
第4図 ▲3七桂と玉頭戦に備える手は考えられるが、後手は△7三桂と反対側の桂馬を活用してくる。そこで▲2六歩△8一飛▲2七玉△6五桂と進んだ実戦例(山口千嶺-青野戦)もあるが、桂頭を玉で受ける形がいかにも薄い上に、△8一飛と態勢を整えられてから桂馬を跳ね出され振り飛車思わしくない。
 そこで▲8八銀と飛車角交換を催促するが、△6五桂と跳ねられた第4図では先手の指し手が難しい。▲5五歩△同歩▲同角△8一飛▲3五歩のように攻めると、すかさず△5六飛が飛んでくる(参考図)。振り飛車は駒損を免れることができない。
参考図 歩を入手して攻めたいところだがどうもうまくいかず、かと言って第4図ですぐ動かなければ、後手に△8一飛や△2四歩と指されて形を整えられてしまう。そこで第3図に戻って変化してみる。

  第3図以下の指し手2
 ▲8八銀 △6八角成▲同 金 △7三桂
 (第5図)

 △7三桂~△6五桂が来る前に第3図で▲8八銀と引いてみるが、△6八角成▲同金にやはり△7三桂と跳ねられて第5図。
第5図 ▲7七桂で△6五桂そのものは防げる形だが、今度は△8六歩▲同歩△同飛が銀取りになってしまう。▲8七歩と打つよりなさそうだが、手順に△8一飛と下段に引かれては振り飛車が不満だ。

 第2図で▲4五歩と突くのは確かに先手の得ははっきりと表れるものの、後手の有力な手段である△4五桂・△6五桂・8筋交換の全てを阻むことはできず、はっきり悪くなるわけではないが居飛車の方が模様が良い、というのが筆者の結論だ。そこで次回では▲6六角と打つ手を研究してみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/56-be493503
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。