四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲4五歩(3)

第1図 今回も第1図以下の攻防を研究する。前々回では△7五歩▲同歩△同飛と、前回では△4四歩や△3三桂と位に直接働きかけてそれぞれいい勝負だった。だが、第1図で居飛車はすぐに動く必要性があるのだろうか。
 第1図では△4二金直とさらに一手待つ手が有力である。先手は何か指さなければいけないが、▲6七銀では△7五歩と仕掛けられ、▲同歩△6四銀▲6五歩△7七角成▲同桂△7五銀▲8五桂△7六歩▲7八飛△7七角と定跡通りに進んで、4五の位も結論を覆す材料とはならず四間飛車が悪くなる。
第2図  第1図以下の指し手4
       △4二金直▲4七金 △7五歩
 ▲同 歩 △同 飛 ▲6七銀 △6四歩
 ▲7八飛 △6五歩 ▲6八角 (第2図)

 第1図で▲3六歩も王手飛車の筋が生じていかにも危険、となれば先手の得を活かす手は▲4七金くらいか。しかしこれには前々回で紹介した手順通りに仕掛けて第2図となる。
 
  第2図以下の指し手
       △7八飛成▲同 銀 △6六歩
 ▲8三飛 △8八飛 (第3図)
第3図
 △7七歩と打つ変化でも居飛車指せそうだが、ここは△7八飛成▲同銀△6六歩と進めるのが明快。第3図の△8八飛が痛打で、▲7九歩には△6七歩成があり非常に受けにくい。▲4七金と上がった手を見事にとがめた格好となった。
 まだしも▲8三飛に代えて先に▲7九歩とでも打っておくくらいだが、△6七歩成▲同銀△9九角成で居飛車が指せる。7筋に歩が利かないため、▲8三飛には△7三桂と悠々逃げることができるのが強みだ。あるいは単に△7三桂も味が良い。いずれにせよ、△4二金直に▲4七金と上がる手は単純に仕掛けられて成立しない。
第4図
  第1図以下の指し手5
       △4二金直▲9八香 (第4図)

 結局のところ△4二金直には先手も形を決めずに待つよりなさそうだ。そこで▲9八香と上がって第4図。
 何気ない交換のようだが、第4図から△3三桂あるいは△4四歩と突く変化に持ち込めば、△4二金直は玉頭に厚みを加えて価値の高い一手となる。対する▲9八香は展開次第だが価値のない一手になる可能性もあり、第1図で単に△3三桂や△4四歩より居飛車が得をしている。

 前回紹介した杉本-中田宏戦も、実際には▲4五歩に△4二金直▲9八香の交換を入れてから△3三桂を決行している。細かいところだが先手に駒組みを進める一手がないことを見越して、第1図では△4二金直が最善というのが筆者の結論。もちろんその後に△7五歩ではなく、△3三桂や△4四歩と指すことが前提となる。
 今回で▲4五歩型は一区切りとし、次回からは△7ニ飛に▲6五歩と突く変化の研究に移ることにしたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/51-540d2f60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。