四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

四間飛車 in C級1組第二回戦

 7月12日にC級1組順位戦第二回戦が行なわれた。このクラスは千葉・窪田両五段を筆頭に、四間飛車の採用を期待できる棋士が数名おり個人的には注目している。今回も二局ほど取り上げてみたい。
第1図 まずは窪田-淡路戦より。窪田五段の四間飛車に淡路九段はベテランらしく5筋位取りというクラシカルな戦法を採用、▲5八飛と回った手に対して△6五歩と仕掛けたところ。ここから戦いが始まる。

  第1図以下の指し手
 ▲5六歩 △7五歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲7六歩 △7三飛 ▲4五桂 △6二銀
 ▲5五歩 △同 銀 ▲5四歩 (第2図)

 ▲5六歩に△7五歩と突き出した局面は「三歩ぶつかって初段」という言葉を彷彿とさせる。
第2図 ▲7六歩に△7三飛が飛車の横利きを活かした引き場所だが、強く△6六歩と取り込む手も目につくところ。▲3七桂と跳ねる代わりに先手の5筋の歩が切れている形でそう指された実戦例がある。本譜は駒を呼び込み危険と見たか。
 しかし▲4五桂と活用し、▲5四歩と垂らした第2図は先手の攻めも一定以上の戦果を上げたと言ってよい。△6六歩の取り込みに対して実戦では▲5五飛と豪快に切り、△同角▲6六銀△2二角に▲5三銀とかち込んで振り飛車攻勢。玉を端に逃げて粘る淡路玉を、重いが確実な攻めで先手が寄り倒した。力強い棋風の窪田五段、その長所が存分に発揮されたと言える。

第3図 田中魁-石川戦は四間飛車対居飛車穴熊のオーソドックスな形となって第3図。後手は銀冠に組み替えたいところだが、▲4八飛~▲3七桂と先手にも万全の布陣を許してしまう。そこで石川六段の採った手順は…。

  第3図以下の指し手
       △5三銀 ▲3七桂 △8五歩 
 ▲2九飛 △6五歩 ▲7五歩 △同 歩
 ▲2四歩 △同 歩 ▲3五歩(第4図)

 △5三銀と引くのは常套手段だが、次の△8五歩は高美濃のままの形では珍しい。
第4図 桂を跳ねての端攻めがしづらい、玉頭に傷を抱えるなど不安要素もあり、決断の一手という印象を受ける。対する居飛穴は▲4八飛には△4四角があるため▲2九飛といったん引き、△6五歩を見て▲7五歩~▲2四歩~▲3五歩と仕掛ける。一歩手にしての▲7四歩が含みだが、振り飛車側はどう対処するか。

  第4図以下の指し手
       △4三飛 ▲3四歩 △4二角 
 ▲2二歩 △1三桂 ▲2一歩成△8六歩
 (第5図)
第5図 △4三飛▲3四歩△4二角が刮目すべき手順。相手の言いなりになって一歩を渡し、なおかつ角の働きが一時的に悪くなるが、先手の早い攻めを封じて第5図の△8六歩で勝負しようとする一貫した方針が見て取れる。
 以下は▲8六同歩△2五歩▲3五角△4四銀▲1七角で角を6四に移動させる下準備をしてから△8五歩~△8六歩と垂らし、▲1一と~▲8四香で△7一玉と追われたものの、後に△8五桂~△7四金~△8四金と玉頭の爆弾である香車をむしり取って穴熊を攻め潰す展開となり、石川六段が快勝した。

 窪田五段の将棋からは位取りを相手にした場合は多少強引でも攻めの姿勢を貫いて押さえ込まれないことの重要性を、石川六段の将棋からは6七金型の穴熊はそれほど固くない(本譜はのちに▲7七金と寄る手が出現したが)という事実を、実戦を通しての見事なお手本でそれぞれ再認識。非常に参考になった二局であった。

 追記(11月17日):田中魁-石川戦に関しては名人戦棋譜速報の「控え室の検討」に「控え室ではずっと居飛車よしと言われていたが、いつしか逆転し、最後は大差となっていた」という記述あり。石川六段快勝という表現は、結果的にはともかく途中過程を省みるにあまり適切ではないようである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/50-55122405