四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

秒速五手以上の理解度

 棋譜並べはやはり実際に将棋盤の上で行なわないとどうも頭に入らない。パソコンの画面上でお気軽に手順を進めるよりは時間もかかるが、そのぶん必然的に一局の将棋を見ている時間も長くなる。また手動で駒を動かすほうが脳にも刺激を与えて有益なようにも思う。
 アマ強豪やプロ棋士の中でも若手に属する者たちはやはりパソコンでの棋譜並べが主体なのだろうか。非常に興味があるが、真相は知るよしもない。そんな中で昨年末の放送ではあるが、渡辺六段(当時)が「情熱大陸」で見せた一コマには少なからず驚かされた。
 番組中に自宅でパソコンを使用して渡辺六段が棋譜を並べるシーンがある。筆者の記憶も定かではないが、将棋ソフトの自動再生機能を用いたその速度はどう控えめに見繕っても秒速五手を超えていた。番組スタッフも疑問に思い、今ので分かるのですかと尋ねる。すると六段は、要点はだいたい、といった趣旨の回答をしたのである。
 ここでいう「要点」がどれほどの理解度を示すのかは定かではない。だが実際の将棋盤ではなくディスプレイ上の、それも秒速五手以上の世界で一局の将棋をある程度把握することが可能だとすれば空恐ろしい話である。それが不可能な者がたとえ同時間将棋の勉強をしたとしても、盤駒を使用して棋譜を並べるという桁違いに効率の悪い作業を経ることになり、それは彼我の実力差に直結しかねない要素であるはずだから。
 いかに番組放送後に見事竜王の座を射止めた者とて、肝心かなめの棋譜は実物の将棋盤の上でこそ真の理解に到達すると信じたい。信じたいが、もしこの仮説が覆された時こそ、本当の意味でのジェネレーションギャップを筆者は感じることになるであろう。
 真相は知るよしもないが。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

将棋倶楽部24で四段とはお見逸れいたしました。私は級位者ですがよろしくお願いします。機会があれば教えてください。
リンクさせてください。

  • 2005/06/02(木) 08:19:37 |
  • URL |
  • すなもか #TiSXrBlU
  • [ 編集]

Re:はじめまして

四段といってもブランクも少々ありますので…。
こちらからもリンクしておきました。お互い更新頑張りましょう。

  • 2005/06/03(金) 21:56:15 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/5-20405b8d