四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棒銀一筋

問題図 数年前の将棋より。ある大会の予選突破を賭けた一局、相手の四間飛車に筆者はためらうことなく棒銀を採用(便宜上先後逆)。▲9八香型から▲4五歩と仕掛けて難解な戦いとなった。
 問題図は▲3三歩成の飛車取りに、△3七歩▲同桂△3三飛と進んだところ。一見してうまく攻めをいなされたようだが、ここで三手一組の好手順があった。

解答図 問題図以下▲3四歩△同銀▲4五桂が実戦の進行(正解図)。銀取りをわざと解除しての▲4五桂は相手も盲点だったらしく見落としていたようだ。▲3四歩には△同飛と取るべきで、以下▲3五歩△3ニ飛▲4五桂△同歩と銀は取れるが後に△4六桂も残り大変だった。
 本譜は正解図から△3七歩▲同飛△3六歩▲同飛△3五歩と連打の歩で飛車筋を遮断してきたが、そこで▲5三桂成と金の方を取るのが好手。▲3三桂成△3六歩▲3四成桂でも銀得の戦果だが、玉形の差と棒銀の遊びで自信がなかった。
第1図 ▲5三桂成に△3六歩と飛車を取るのは▲6二桂成△同金に▲4四角、あるいは▲6四角と角を活用して良し。棒銀が遊ぶことに代わりはないが、振り飛車の3四の銀も働いておらず釣り合いは取れている。
 実戦では△5三同金と取ってきたが、そこで▲3九飛と逃げた第1図は駒得の上に相手は歩切れで先手優勢である。第1図以下も△2五歩▲2四金△3ニ飛▲3三歩△2ニ飛▲3四金△2六歩▲2三歩△6二飛▲4三金と上手く戦い、薄い5筋を攻められて冷や汗をかいたものの勝利。予選突破の原動力となり、対四間飛車の棒銀にますます愛着を深めた一局となった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/48-46ea9dcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。