四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

VideoGame Batonもやってきた

 ミュージカルバトンを回して来た後輩から今度はビデオゲームバトンが。

  1、コンピュータに入ってるゲームファイルの容量
 これを執筆しているのは家のパソコンではない。よってゼロ。

  2、今進行中のテレビゲーム
 …なし。

  3、最後に買ったテレビゲーム
 何年前だろうか。ニンテンドウ64の『実況パワフルプロ野球2000』と思われる。

  4、よく遊ぶ、または特別な思い入れのある5作
 
 1、『実況パワフルプロ野球6』
 野球ゲームとしてもその完成度の高さから『ファミスタ』に取って代わった実績があるが、筆者はサクセスモード(選手育成ゲーム)が大のお気に入り。インターネットの攻略サイトにもお世話になった。そのお返しにとっておきの選手のパスワードを送ったところ雑誌の大会用のリリーフエースに採用され、優勝した時にその選手は紙面に掲載された。
 とうとう「威圧感」はつけられなかったとか、一人の選手がダイジョーブ博士の手術に3回成功したとか、天才型を出すべく1時間以上粘ったことがあるとか、粘ったあげくひじの爆弾が爆発して泣きを見たとか列記すれば、分かる人には分かるに違いない。

 2、『Wizardry外伝 女王の受難』
 思えばWizとの出会いはゲームボーイだった。レベル1パーティ初陣の地下一階で全滅、「ささやき いのり えいしょう ねんじろ!」「はいになりました」レベル10パーティ地下五階で全滅して別のパーティを育てなおして救助、「いしのなかにいる!」「?ぶき」などを経て、筆者も続編ではマニアモードを選択する立派なWizプレイヤーに成長した。

 3、『ヘラクレスの栄光Ⅲ』
 ゲームシステムだけを見れば単なるありふれたRPGだが、ギリシャ神話をモチーフにしたシナリオが秀逸。キーワードは「飛び降り」「不死身」。Ⅳも名作。ちなみにファミコン版のⅠ・Ⅱはいずれもたいしたことはない。

 4、『カーブノア』
 「不思議のダンジョン」シリーズの原型。すなわちプレイの度にダンジョンの構造は変わり、こちらが一歩動けばモンスターも一歩動く。販売元は有名なあの会社である(エニックスではない)。約十年もの歳月を経て、このゲームを土台にしたアーケードのメダルゲームも登場したが、その後の消息は定かではない。

 5、『谷川浩司の将棋指南Ⅱ』
 筆者が最初にプレイした将棋ソフト。記憶が定かではないがディスクシステム。本将棋より詰め将棋が印象深く、あきらかに不詰の形になると谷川先生に「あきらめなさい」と諭される。むしろ巷ではⅢの「スロット将棋」で有名なシリーズかもしれない。

 五作品すべて誰も知らないようなゲームを取り上げようと思っていたが、案外と有名どころばかりになってしまった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/45-f023016a