四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする?相振る

第1図 今回は相振り飛車の将棋を取り上げてみたい。手早く三間飛車に振って矢倉を組み上げる後手に対して、筆者は四間飛車+美濃で対抗して第1図となった。ここからの実戦の進行を考えて頂きたい。

第2図 第1図で筆者は▲2六歩を選択。銀冠に組み替える狙いで、『相振り革命3』でも紹介されていた有力な指し方だ。以下△8ニ玉▲2七銀△6二金左▲3八金△3三角と進んで第2図。無事に組み終わり、次は攻めの態勢を整える。

  第2図以下の指し手
 ▲9七桂 △4五歩 ▲3三角成 △同 桂
 ▲8五桂 △4六歩 ▲7三桂成 △同 桂
 (第3図)

 ▲8五歩保留の形を活かすべく▲9七桂と跳ねるが、こうなると後には引けない。
第3図 △4五歩から角交換に来るのは読み筋通り。ここで△3三同桂と取った形が悪いと見ての端への桂跳ねだったが、▲8五桂を手抜かれたのは想定外。△8四銀に▲6六角と打っておけば、飛車を活用しづらいので相手も指す手が難しいのではと予想していた。
 本譜のように銀桂交換になれば不満はなさそうだが、第3図となってみると現実問題としてまだまだ形勢は難しい。以下▲4六金△3四桂▲4七金△4六歩▲4八金引△7七角▲6九飛△8六角成▲6四歩△同歩▲4一角と進んで第4図。
第4図 実戦はここで△4二飛だったが、△2ニ飛と逃げておけば大変な将棋だった。本譜は▲2三角成△4五銀▲3三馬△5六銀▲4二飛以下筆者の勝ち。このように攻め駒を責める展開になれば良しとしたものだ。
 定跡の整備が進む相振り飛車だが、やはりまだまだ未知の形になりやすい戦法と言える。指していて楽しい反面怖さも感じるが、振り飛車党としては避けては通れない戦いでもあり、今回が本ブログ初登場とはいえ今後も取り上げる機会は増えるであろう。

スポンサーサイト

コメント

相振りならちょうど良かった?

nusono君こんばんは。
ちょうど私の相振り飛車のパーフェクトゲームの自戦記が1局書きあがったのでTB打ちます。定跡形の将棋を2年前に捨て去った私ですが、こいつは面白いですよー

  • 2005/10/21(金) 22:21:05 |
  • URL |
  • Lenazo #d13JL4Hw
  • [ 編集]

Re:相振りならちょうど良かった?

Lenazo君どうもです。
自戦記さっそく見ました。相変わらず切れ味鋭いですな。
四間飛車のような定跡を避けて通れない形よりも、力戦になる▲7七角(△3三角)戦法の方が向いているのは間違いないかと。これを駆使して再び代表目指して頑張って下さい。

  • 2005/10/22(土) 04:24:45 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/44-560e10fa

自戦記Vol.001…ただ捨ての飛車打ち

将棋的知人くらいにしかトラックバックを打っていないので、こちらをご覧になっているのは将棋系の方が多いようです。所長自身が不特定多数の研究ジャンルを持っているために当研究所は極めて雑多な内容を扱っており、戸惑われている方も多いことでしょう。というわけで、所

  • 2005/10/21(金) 22:18:20 |
  • 海邦高校鴻巣分校
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。