四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 ▲4五歩(1)

第1図 いよいよ今回より本格的な研究に移る。第1図は先手四間飛車に対して、後手が△4二金直を保留して△7二飛と回ったところである。
 対する先手もここで▲6七銀のような手だと、△7五歩▲同歩△6四銀と仕掛けられ、以下▲6五歩△7七角成▲同桂△7五銀▲8五桂△7六歩▲7八飛△7七角であっさり不利になる。左の香車を上がっておらず、▲4六角と反撃に出る筋もなく、四間飛車側に好材料がない。
 また▲9八香も△7五歩▲同歩△6四銀▲6五歩△7七角成▲同銀△7五銀と進んだ時にやはり▲4六角と打てない。ゆえに第1図では別の手が必要である。
第2図 いずれの変化▲4六角と打てないために先手は非勢を強いられた。そこで▲4五歩と突いて角打ちのスペースを作る手が有力となる。ここで居飛車が仕掛けるとどうなるのだろうか。

  第2図以下の指し手1
       △7五歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲6七銀 △6四歩 ▲7八飛 △6五歩
 ▲6八角 (第3図)

 △7五歩▲同歩に△同飛と取るのが居飛車の工夫だ。ここで△6四銀は▲6五歩△7七角成▲同銀△7五銀に今度は▲4六角と打てる。
参考図 先手は▲6七銀と角頭を守る。ここで△7六歩と決めてしまい、▲8八角に△8六歩▲同歩△1五歩から一歩を入手して△8七歩を狙うのもよくある筋だ。
 だがこの場合はあっさり▲1五同歩と取り、△同香▲同香△8七歩に▲7六銀が角を助けつつと金作りを許さない好手。以下△同飛▲7七角に△8八銀で結局角は取られるが、▲6七金△7七銀成▲同金と進めた参考図では、角香交換で大きな駒損ながらも後手陣の端の傷と歩切れが大きく、先手の指せる分かれとなる。手順が長くなったが、この変化は5三(5七)銀右の形でも応用が可能なので覚えておいて損はない。
第3図 そこで後手も▲6七銀に△6四歩と突いて攻めを見せる。▲7八飛に△7四飛と引いて穏やかに指す手もあるが、▲6八角△7五歩で一局ながら4五歩型が活きて居飛車不満だ。本譜は△6五歩▲6八角と進んで第3図。飛車交換は必然だがどう攻めるか。

  第3図以下の指し手1
       △7七歩 ▲同 飛 △同飛成
 ▲同 桂 △6六歩 ▲7六銀 (第4図)

 △7七歩は形を乱す手筋でこう指したくなるところだ。
第4図 ▲同飛△同飛成に▲同桂と取り、さらに△6六歩にも▲7六銀とかわして第4図。この手順は藤井九段の『四間飛車の急所2』に載っていたもので、図では▲8三飛~▲8一飛~▲2六桂の狙いが厳しく振り飛車が指せると解説されている。
 だがそれは後手四間飛車の場合で、第4図は4一金型のため3四に跳ねても即両取りとならず、香車も拾って▲2二香まで決めなければいけないため▲2六桂の効果はやや薄い。また△5一銀と引いた形が横からの攻めに強い。それらの点を差し引くと形勢は難解か。一直線の寄せ合いではなく、細かいポイントを奪い合う曲線的な終盤となりそうである。
第5図
  第3図以下の指し手2
       △7八飛成▲同 銀 △6六歩
 ▲8三飛 △6七歩成▲同 銀 △9九角成
 ▲8一飛成(第5図)

 この手順も『四間飛車の急所2』より。本の結論は第5図となっていい勝負というもの。しかしこの場合は、次に▲9一竜と香車を取られたときに馬の利きがなくなると▲2二香がいつでもある。4二金直と上がっていればこの筋はないわけで、今度は居飛車側が損をしている。難しいが振り飛車の指せる展開であろう。

 藤井九段の著書では後者の変化を居飛車は選ぶべきという結論だったが、先後逆の場合はむしろ前者の順で勝負したほうがいいだろう。形勢は難解と言う他ないが、いずれにせよこのような進行になれば▲4五歩と突いた四間飛車側の主張は通っている。
 次回は▲4五歩に対する違う角度からの居飛車の対策を研究してみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/43-072d95d2