四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手であるがために…

第1図 筆者の四間飛車に相手は棒銀を採用して第1図。先手ゆえに一手多く指せるが…。

  第1図以下の指し手
       △9三香 ▲6八角 △7ニ飛
 ▲5七角 △4四歩 ▲同 歩 △同 銀
 (第2図)

 △9三香は振り飛車の角が4六に移動するような筋にあらかじめ備えており、単なる手待ちではない。しかしこれで先手番の得と合わせて二手多く指せる展開となった。とはいえこちらから討って出る手があるわけでもない。
第2図 6八~5七と角を移動させるが、そこで△4四歩に代えて△3三桂が有力だったと思う。△4五桂が角に当たり、また7五などで歩がぶつかっていないため振り飛車側としても跳ね出した桂馬を容易に取れない。
 本譜は4筋で歩を交換して第2図へと進んだ。ここでおとなしく▲4六歩くらいなら無難だが。

  第2図以下の指し手
 ▲6五歩 △7三銀 ▲7七桂 △8ニ飛 
 ▲7五歩 △8六歩 ▲7四歩 △同 銀
 (第3図)
第3図 角筋が止まったこの瞬間に▲6五歩と動いてみた。銀取りを避けて△7三銀はこの一手。さらに積極的に▲7七桂と活用するが、△8ニ飛と回られてかえって忙しくした感もある。▲7五歩に対しては平凡に△同歩、また次の▲7四歩に△6二銀も有力だった。
 本譜は△7四同銀と取ったため、四間飛車側によくある手筋が生じた。それで必ずしも優勢になるというわけでもなかったようだが、第3図からの筆者の次の一手を考えて頂きたい。

正解図 次の一手は▲8五桂。これが銀取りかつ、本譜は9三に上がった香取りになるのが強み。手ごたえを感じた一着だったが…以下△7五歩に▲9三桂成△同桂▲7五角△8七歩成▲9三角成△7八と▲8ニ馬△7七と、と進んで第4図。
 先に香得したものの、と金を活用されて意外に難しい。何かにつけて△4六桂の筋がつきまとう。第4図で▲6六銀と逃げるのは△5三銀と手順に角筋を通されるのが嫌味なので、▲4三歩△同金右と利かしを入れてから▲6四馬と引いたものの、△6七とで銀を取られてはむしろこちらが悪いようにも思える。
第4図 実戦は△6七とに▲5九金引△5七と▲2六香△5三銀?▲7四馬△7八飛▲4一銀…と進行して勝利を収めることができたが、課題を残した一局となった。
 当然の事ながら、急戦に対して先手四間飛車は後手四間飛車と比較して一手余分に多く指せる(本譜は第1図で△9三香だったためにさらに一手余分に指せた)。それを単なる手待ちなどに費やすのではなく、できれば価値のある一手に使いたい。だがその一手を指したがために苦労するケースもしばしば見受けられる。先手であるがために、ある意味贅沢な悩みを抱えるのが四間飛車という戦法なのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/41-41789845