四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手鷺宮定跡 最序盤の考え

 今回からは先手四間飛車対後手鷺宮定跡の戦いを研究してみたい。だがその前に、先手四間飛車となった場合の定跡形以前、言わば最序盤とでも言うべき段階での筆者なりの考えをまとめてみる。本来ならば全ての研究を行なう前の序章に位置する項目であり、手順前後の感はあるがお付き合い願いたい。

第1図 居飛車穴熊に対する藤井システムを用いない筆者としては、▲7八銀と上がり、美濃囲いを完成させ、3九まで玉を移動させるまでは迷いなく進める。しかし第1図の局面が悩みどころである。居飛車側に作戦の含みが非常に広く、ほぼ全ての四間飛車対策の可能性を残していると言っても過言ではない。
 ▲2八玉が一番無難である。しかしここから左美濃に組まれた時に、対左美濃の藤井システムを愛用する筆者としては美濃囲いに入城した一手がマイナスになる可能性が高い。また▲2八玉に△4二銀と急戦を見せられた時に、いずれにせよ再び選択を迫られる。
仮想図 仮想図で▲5六歩は△1三角▲6九飛△3一角と山田定跡にされ、次に▲6五歩でも▲6八飛でも△3三銀。これは後手四間飛車の場合4四にいる銀の位置が違うだけで、先手の得を活かしてるとは言えない。
 ▲6七銀も普通だが筆者はこれをぎりぎりまで保留したい。△4二金直を省略して急戦に出る変化を居飛車に与えたくないからだ。
 となれば指す手は▲4六歩しかない。それならば第1図に戻って、▲2八玉と上がる前の第1図で指す方が左美濃への対応力がある。それを見た後手が△4二銀と急戦を志向すると、以下▲2八玉△5三銀左と進んで第2図。
第2図 ここで▲6七銀は△6四銀とナナメ棒銀にされた時に、▲5六歩か▲9八香という必要不可欠な一手のどちらかが間に合わない。代わりに▲9八香は△4二金直と待たれた時に▲5六歩では△7二飛で自信なし。△4二金直に▲6七銀と上がり、△6四歩に▲5六銀と玉頭銀を目指すのもあるが、やはり△7二飛が問題だ。対して一番有力とされる、上がったばかりの銀を引く「二手損作戦」を先手番でやるわけにはいかない。千日手にされるのが関の山である。
 そこで第2図では▲5六歩を選択。これに対して△4二金直なら▲6七銀で構わない。問題は△7二飛と寄られる手である。
第3図 第1図から改めて手順を列記すると、▲4六歩△4二銀▲2八玉△5三銀左▲5六歩△7ニ飛で第3図となり、ようやく先手四間飛車対後手鷺宮定跡の基本図にたどり着いた。
 もしこれが先後逆で、居飛車に△4二金直(▲6八金直の一手が入っていればこの局面は鷺宮定跡が登場した初期の頃の形であり、居飛車良しと言われている。しかし先手四間飛車の場合はどうであろうか。
 第3図からは▲4五歩と▲6五歩の二つの手が考えられる。長い前置きとなったが、次回から本格的な研究に移りたい。
スポンサーサイト

コメント

楽しみにしています^^

大変興味深い記事です(笑
参考にさせていただきます。

  • 2005/07/07(木) 15:34:17 |
  • URL |
  • すなもか #TiSXrBlU
  • [ 編集]

Re:楽しみにしています^^

どうもありがとうございます。
そちらでも同じく先手四間飛車を取り上げ始めたため、研究合戦になるのではないかと戦々恐々です^^

  • 2005/07/08(金) 21:28:18 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/40-674f63ca

先手四間飛車 対△山田定跡

-鷺宮定跡の原型、山田定跡のおさらい?§.△山田定跡 対▲四間飛車 ~山田定跡の限界これまで先手番での山田定跡では、△6四歩でも△5四歩でも山田定跡で攻めることはできた。しかし、振り飛車は後手がやるものだと思われていた時代とは違い、先手が四間飛車にした場合

  • 2005/07/08(金) 11:15:32 |
  • すなもかの将棋奮闘記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。