四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

時間攻めの理由を自己分析してみる

 時間攻めという言葉を一度は耳にしたことがあると思う。相手の持ち時間が自らのそれよりも少なく、その差がある程度広がっている際に、自分も早く指すことにより相手に考える余地を与えない実戦的手法のことである。ただしプロレベルではこれを行なうと大成しないという説も根強い。
 筆者はこの時間攻めを用いるタイプである。と言ってもそこはアマチュア、少ない持ち時間に極端な差が出ることはない。秒読み将棋、それも30秒以下限定で、形勢が相当不利な場合にのみノータイムで間髪入れず着手して相手のミスを誘うのである。
 こうしたやり口を嫌い、どのような戦況にあっても常に時間の許す限りしっかりと読みを入れて指すべきである、と主張する者も周囲に少なくない。確かにそうした真摯な態度は尊重されてしかるべきであろう。だが筆者の場合は半ば無意識に時間攻めをしてしまうのである。自らを鑑みるに、おそらくは理屈や理論でなく、自分なりの勝負勘のようなものがそこには働いているのではないだろうか。
 形勢がある程度悪いくらいのほうが伸び伸び指せるとともに、相手の心理状態も冷静に分析できることが多い。その指し手から「丁寧に指そうとしている」「勝ち急いでいるのか攻め合いに来ている」などと判断し、前者なら攻めを見せて脅かしてみる、後者ならば受けに専念して焦らせようとする、といったような手を指す。あるいは「この手が見えていない」と思ったらその手を即座に見せて意表を突く。全て無意識下の行ないであるが、いずれも相手を動揺させようとしているのは間違いない。
 動揺から立ち直る時間と、冷静に戦局を見つめる暇を与えないためにはノータイムで着手するのが手っ取り早い。もともと不利な将棋であるから、そうした過程で見落としなどがあり形勢のさらなる悪化、あるいは即負けにつながってもそれほどの悔いはない。このように考えてみると、筆者も実戦的に勝負を重視するタイプのプレイヤーなのかもしれない。
 対局中の心理状態というものは自分自身にとっても謎めいたものだが、棋風の枠を超えてこのように自己分析してみるのも面白いのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント

早指し

 私もどちらかというと早指しである。
実際、時間を使いすぎている将棋は、あまり勝率が良くない。
 終盤に時間を残しておかないと、寄せを誤る場合があるからね^^。

  • 2005/07/06(水) 08:01:09 |
  • URL |
  • 江戸川と金 #cQ8/aP3U
  • [ 編集]

Re:早指し

筆者は持ち時間があればあったで使う方ですが、最近は将棋倶楽部24の早指しばかりです。
息遣いや雰囲気、仕草などで心理状態を把握できないので、実際に目の前にいない相手を動揺させるのは難しい(笑)。それでも間髪入れずパっと指すのはよくやりますが。

  • 2005/07/06(水) 22:57:36 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/39-d73f8a55