四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

堅さと薄さ、両極の戦い

第1図 筆者お気に入りの角田流の実戦を再び取り上げる。これも数年前の将棋だが、本局は第1図のように端を突き越すなどして少しゆっくり指している。そしてここで仕掛けた。

  第1図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲5五歩 △同 角
 ▲2四飛 △2二歩 ▲3四飛 △3三桂
 ▲5六歩 △4三銀 ▲2四飛 △6四角
 (第2図)

 ▲2四歩~▲5五歩が桂馬を跳ねている形を活かしての仕掛けである。
第2図 ▲5五歩を△同銀と取るのは▲2四角と出て、△2二飛▲3三角成△2八飛成▲5五馬で銀得となる。桂馬が3七に跳ねているため拾われないのが大きく、二枚飛車での横からの攻めにも▲5九銀と引けば耐久力がある。
 そこで△同角だが、▲2四飛に△2二歩と打たせてまずは満足。以下3筋の歩もかすめ取って第2図、さらに積極的に動く。

  第2図以下の指し手
 ▲6六歩 △5二銀 ▲6五歩 △7三角
 ▲3四飛 △3二飛 ▲6六角 △8四角
 (第3図)
第3図
 ▲6六歩と突くのが急所の一手。自陣は薄くなるものの6五の位は必ず奪還できる。対する△5二銀も玉形を引き締めつつ飛車先を通した実戦的な手段だが、居飛車は3三の桂を狙い自然に応対して第3図。
 ここで▲8四同角△同歩▲8三歩△7三銀に▲5五角ならば、△7一金と寄ってない形が災いして詰めろ桂取りとなり決まっていた。本譜は功を焦って▲3三角成△同飛▲同飛成、そこで△6六角打を食らったとは口が裂けても言えない。以下入玉模様にごまかして勝ちは拾ったものの、画竜点睛を欠く内容であった。

 最後がお粗末なのはともかく、先に述べた失敗例と成功例の両方を見ることによって角田流の雰囲気を少しでも感じ取って頂ければ幸いである。薄いがそのぶん攻撃力があり、振り飛車側が△2二飛と回って備えて来なければ何らかの形で仕掛けることは可能と思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/38-3595646f