四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

アマ名人の四間飛車

第1図 1日に行なわれた朝日オープン将棋選手権予選の浦野七段対吉田アマ戦を取り上げる。第1図は居飛穴に組んだ浦野七段が4筋の歩を交換した局面。▲2五歩を決めず、よくある6八角型ではなく▲4八飛と既に回っているのが工夫か。次に▲3七桂~▲4六歩と攻められてはまずいので、振り飛車としては動きどころだ。
 △5五歩が形だが▲3七桂と跳ねられて、△5六歩と取り込めないのではおかしい。△6五歩は▲8六角と覗かれる筋がちらつく。とはいえ第1図で△3五歩とは…一目「幸せになれない」ように思えるが、▲同歩△同銀に▲4七歩と辛抱させれば悪い気はしないか。
第2図 解説によると第2図で△3二飛が有力のこと。飛車の位置が4二のままだと6・7筋を攻められた時の当たりが強いが、3二飛型なら▲6五歩△同桂▲3三角成△同飛で手順にヒモもつく。
 本譜の△3六歩には▲6五歩△7七角成▲同桂△6五歩に▲6四歩が厳しく、以下△5三金に▲7五歩△同歩▲6五桂△同桂▲6六銀と巧みに手をつないで浦野七段優勢となった。脱いだパンツが見事に攻めに参加している。
 ここから吉田氏が力を発揮して結果は逆転勝ちとなったが、終盤は既に朝日新聞将棋ニュースで詳しい解説がなされているのでそちらを参照のこと。

 序盤に絞って筆者なりに三つほど要点をまとめると、▲2五歩保留型はなかなか見かけないものの(『四間飛車の急所1』で触れられているくらいか)有力に思える。いずれにせよ四間飛車側は△3三角(▲7七角)と上がることが多く、得した一手で駒組みを進めることができそうだ。
 第1図の△3五歩は珍しい動きだがここでは成立しているようである。実戦でそれほど頻出する筋ではないものの心に留めておいて損はないだろう。
 最後に昨日の記事でも触れたが、振り飛車党にとって「パンツを脱ぐ」手を無意識のうちに読みから外していては、もはや最新の対居飛穴戦では通用しないとつくづく感じた。
 ともあれ見ごたえのある終盤のみならず、序盤にも学ぶことの多い好局であった。次の有吉先生との対戦も注目である。
スポンサーサイト

コメント

強いアマ

吉田さんはホント強いですね。
今度奨励会1級で入会試験を受けるとか・・・。
もう既に奨励会の段位クラスの実力かと思いますが・・・。

  • 2005/07/04(月) 01:44:36 |
  • URL |
  • 江戸川と金 #-
  • [ 編集]

Re:強いアマ

腕力のある将棋ですね。
是非プロになってもらいたいものです。できれば四間飛車党のままで。

  • 2005/07/05(火) 00:14:10 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/36-032f369b