四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

パンツを脱ぐどころか…

第1図 既に半月ほど前の対局であるが、B2順位戦の畠山成-泉戦を取り上げてみる。泉七段の四間飛車対策というと急戦や5筋位取りなどが多いが、本局は後手番ということもあってか居飛穴を採用。第1図は6筋の歩を交換した居飛車に対して振り飛車が反発というよくある展開だが、先手番にも関わらず銀冠に組めていないのがやや物足りないか。ここから△5五同歩▲同銀△8六歩と進めて▲同角は△7五歩、▲同歩なら△5四歩という展開も考えられるが、実戦は△6四歩▲同歩△同銀▲5四歩△8六歩▲同歩△5四金▲5三歩と進んで第2図。
第2図 この手順自体もよくあるものだが、第2図での▲5三歩があまり見かけない一手。普通は▲5八飛だが、歩を取らせることによって居飛車の駒を後退させようとする狙いか。
 しかし素直に△5三同金と取られ、▲1四歩△同歩▲1三歩△同香▲2五桂にじっと△5四歩と打たれてみると、四間飛車側も端攻めだけでは手にしづらいか。以下後手は6五銀・6六歩型を築き上げ、振り飛車の飛車角が居飛穴側に抑え込まれるというある意味珍しい展開に。
 そして終盤戦も独特の結末が待ち受けていた。

第3図 数十手進んで第3図。ここに至る十手ほど前、先手の端攻めに対して△2二玉と備えており、既に穴熊の面影はないが…。

  第3図以下の指し手
       △8七歩成▲1九飛 △6七歩成
 ▲1三桂 △3三玉 ▲2一桂成△4四玉
 ▲1五飛 △2五香 ▲同 歩 △5五玉
 ▲2四歩 △6六玉 ▲6八歩 △7七歩成
 (第4図)

 ずいぶんとのんびりしている。△8七歩成を見ての筆者の第一感である。
第4図 △7八とを避けて▲1九飛は当然。この交換は先手が得のようにも思えるが、端を放置して△6七歩成と二枚目を作成、そして▲1三桂に対しての△3三玉で泉七段の狙いが明らかになった。飛車の横利きを止める△2五香の犠打を挟んで玉の四連続移動、しかも全て同じ右斜め前だ。この方針ならと金作りも納得である。
 少々手順が長くなったが、第4図となっては三枚横に並んだと金が燦然と輝いており、後手の入玉は確定している。以下先手の7九の角を玉自ら召し取って大駒三枚を確保、相入玉になっての点数勝負にも不敗の態勢となり、畠山七段を投了に追い込んだ。

 最近の穴熊は守備桂を跳ねることになっても構わない、という柔軟な発想がしばしば見受けられる。しかしこの将棋はいわゆる「パンツを脱ぐ」どころか、素っ裸になって敵陣に突撃しているといったところか。とにかく泉七段の力強い指し回しが印象に残った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/35-6578ee1e