四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯に四間飛車あらわる

 NHK杯は千葉幸生五段の登場である。期待通りに四間飛車が採用され、対する島八段もお家芸の居飛車穴熊で対抗して第1図を迎える。
第1図 てっきり竜王の居飛穴本に書かれているような▲6六銀型になると思いきや、千葉五段は▲5六歩~▲5八飛と中飛車に組み替えた。ここまで美濃囲いの端も省略しており、駒組みの一手一手に必然性を感じるとともに先手の利も活かしている感がある。次の▲5五歩△同歩▲同飛△4五歩には▲5三飛成△同金▲4五桂を用意しているが、第1図から△4三金でその可能性は消えた(先ほどの手順通りに進んだ際に、金はいずれにせよ5三に行くのだから一手が無駄になるという藤井九段の解説)。本譜は先手が5筋の歩を無事に交換して第2図となる。
第2図 実戦はここで△4二角と引き、▲5八飛△6四銀▲8八飛△7五歩▲7八飛と進んだが、これなら振り飛車も不満ないように思える。そこから居飛車は銀を組み替えて7四銀型を築いたものの、その間に先手も銀冠に組み替え、7四の銀はあやうく取り残されるところであった。
 第2図で△4二銀と引いて3一銀型(松尾流)を目指すのは▲2五桂と跳ねられ、端攻めや▲5六銀からのさばきを見せられて指し切れないか。竜王の本を読んだばかりで感化されているのかもしれないが、松尾流に組ませない(少なくとも牽制はしている)という観点から見ても中飛車への転換はなかなか有力に思えた。

 中・終盤の攻防に興味のある方はせんすぶろぐでせんすさんが解説しているのでそちらを参照のこと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/32-ae44de2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。