四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

2年ぶりの更新、右玉流行の兆し

 前回と比較して、およそ半分の間隔での更新となり安堵している筆者である。果たして次の更新は、何年後になることやら。
 軽口はさておき、角道を止める従来通りの四間飛車の近況についてであるが、取り立てて目ぼしい変化は見られない、といった感が強い。
 かつてはタイトル戦においても、羽生-谷川といった名物カードで後手が飛車を4筋に振り、居飛車が急戦や穴熊に構えるといった場面が当然のように見受けられたものである。
 現在で対抗形といえば、ゴキゲン中飛車か角交換振り飛車、あるいは石田流といったところが相場であろう。「どの筋にいようと、振り飛車はみんな友だち」(『石田流を指しこなす本【急戦編】』P243より引用)という言葉通り、無論それらの棋譜も四間飛車を指す際には大いに参考になるわけだが、序盤の細かい手順や定跡に関しては不勉強なため、筆者にとっての見どころは中盤以降、という場合がほとんどである。
 『振り飛車最前線 四間飛車VS居飛車穴熊』、及び最新刊の『堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊』なども興味深く拝読させて頂いたが、実戦で棋書通りの局面になるかといえば未知数な部分も多い。仮に社団戦で相手が銀冠穴熊模様を指向したら、第11回朝日杯将棋オープン戦一次予選の井出-鈴木アマ戦を参考に、右玉風の陣形にでも組み替えるつもりだ。

 然り。時代はノーマル四間飛車ではなく、右玉である。
 先日行なわれた第75期名人戦七番勝負第4局において、後手番となった佐藤天彦名人は一度4二に上がった玉を7筋に移動させ、馬付きの堅陣を活かして稲葉陽八段の穴熊を粉砕し快勝した。そして本日(6月17日)、第88期棋聖戦五番勝負の第2局でも、挑戦者の斎藤慎太郎七段は△7二玉型の、筆者にとってはおなじみの構えで羽生棋聖に相対している。
 コンピュータ将棋が△6三銀(▲4七銀)型の駒組みを高く評価していることもあり、角換わり腰掛け銀模様から後手が変化することが多い、という背景事情があるとはいえ、まさかタイトル戦の大舞台に、短期間で立て続けに右玉が登場するとは夢にも思わなかった。
 最近では第58期王位戦挑戦者決定リーグ紅組の最終局(木村一-澤田戦)、あるいはアマチュア棋戦に目を向ければ、第40回朝日アマチュア将棋名人戦三番勝負にも右玉は登場している。そのどちらもが右玉側の勝利に終わっており、非常に勝率が高いように思えるのは、筆者の身贔屓であろうか。
 矢倉に代わってツノ銀型の雁木などが流行の兆しを見せ始めているようだが、その構えから玉を右に配置するのもやはり有力、と個人的には考える次第である。読者諸兄姉に置かれましても、プロの実戦や『右玉伝説』『南の右玉』、及び『とっておきの右玉』(肝心の著者は朝日杯将棋オープン戦で怪しげな対抗形の将棋を制したが)といった数少ない棋書を参考に、この機会に右玉を試してみてはいかがだろうか。自玉が薄く心細い思いをするのと引き換えに、受けの力と攻めを切らす(余す)技術が習得できること請け合いである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/310-8a1de5df